JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tatsunoko1952に今すぐ質問する
tatsunoko1952
tatsunoko1952, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 34
経験:  1974年大学卒業後商社入社。2012年3月退職
65459328
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tatsunoko1952がオンラインで質問受付中

現在離婚協議中です。 離婚時の年金分割について質問です。 先日、妻から送られてきた離婚協議書案の中に、年金分割割

質問者の質問

現在離婚協議中です。
離婚時の年金分割について質問です。
先日、妻から送られてきた離婚協議書案の中に、年金分割割合について書かれており、分割割合を0.5とする、と書かれてきました。
 ちなみに、妻は、
国民年金のみに加入していた期間(第3号被保険者期間含む)約180ヶ月
厚生年金に加入していた期間のうち独身の期間 約50ヶ月
厚生年金に加入していた期 間のうち結婚していた期間 約12ヶ月
厚生年金に加入していた期間の平均報酬月額 約15万円

 私は
国民年金のみに加入していた期間 0ヶ月
厚生年金に加入していた期間のうち独身の期間 約80ヶ月
厚生年金に加入していた期間のうち結婚していた期間 約192ヶ月
厚生年金に加入していた期間の平均報酬月額 約60万円

となっています。

適正な年金分割割合を教えていただきますよう、お願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 5 年 前.

ご質問有難うございます。

 

まず離婚時における年金分割に関する法律を説明します。

平成19年4月に合意分割制度という法律が施行され、婚姻期間であった部分に関する

厚生年金を夫婦の合意で分割することが可能となりました。話し合いで解決がつかない

場合は家庭裁判所での調停となります。

平成20年5月以降の離婚については3号分割という制度になり、離婚した妻は離婚後に請求さえすれば、夫の厚生年金部分の1/2を自動的に受給する権利があります。

 

ご質問者の正式な離婚時期が不明ですが、仮に本年4月末に離婚されたとしたのであれば、平成20年5月~平成24年4月までの4年間(48ケ月)分の厚生年金については、理由の如何を問わず妻側が50%受給する権利があります。

平成20年4月以前の部分については、上記記載通り夫婦での話し合いが原則となります

ので一概にどのくらいがベターとは言えません。3号被保険者期間の間、家庭をしっかりと守ってきているということであれば、一般論的には50%づつ分割するのが妥当ではないかと思われます。

尚、国民年金(基礎年金に該当する部分)については分割の対象となりませんので、離婚するしないに関わらず、妻のもともと持っていた受給権に沿った年金が支払われます。

 

以上、簡単な説明でしたがご納得頂けたでしょうか?

 

保険・年金 についての関連する質問