JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 748
経験:  独立系FP事務所
62985828
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

母の年金受給についてききたいのですが?母は過去に2度の離婚暦がありその結婚期間を証明するものを提出してください、と言

質問者の質問

母の年金受給についてききたいのですが?母は過去に2度の離婚暦がありその結婚期間を証明するものを提出してください、と言われました。分かれた元夫と一緒に市役所に行かないといけませんか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
元夫と一緒に市役所に行く必要はありませんので、ご安心ください。

婚姻期間の証明は戸籍により行うことができますので、戸籍・除籍・原戸籍(戸籍の状態によって名前が変わりますが、役所にはまとめて「戸籍」と言えば通じます)の謄本を取得して提出すれば大丈夫です。
もし残っていれば、住所の証明ができる「戸籍の附票」も一緒に取得しておきましょう。
これらの謄本は婚姻期間中に本籍地をおいていた自治体の戸籍係に母が請求すれば交付されます。

どの戸籍が必要か良くわからなければ「過去の婚姻期間を証明するための戸籍がほしい」と言えば役所で必要な分を交付してくれます。
もし遠方であれば郵送でも取り寄せることができますので、取り寄せる方法を各自治体の戸籍係に問い合わせてください。
AEをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.


丁寧な回答ありがとうございます。


結婚していたときの場所(役所)じゃなくても取り寄せ可能ということですか?

専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
「住所」と「本籍地」は制度的には異なるもの(同じ場所にすることは可能ですが)ですので、戸籍が欲しい場合は結婚していたときの「住所」ではなく「本籍地」の役所に請求します。
遠方の場合は、本籍地の役所に郵送で交付申請書・手数料(小為替)・返信用封筒などを送付し、返送してもらいます。
最寄りの役所に行って、遠方の役所から取り寄せてもらうことはできないので、ご自身で直接郵送でやりとりをします。

保険・年金 についての関連する質問