JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

はじめまして,離婚時の財産分与についてアドバイスをお願いします。仕事中の事故で身体障害者(1級)に

解決済みの質問:

はじめまして,離婚時の財産分与についてアドバイスをお願いします。 仕事中の事故で身体障害者(1級)になり、高度障害で保険がおりました。また住宅ローンもなくなりました。あと障害年金で生活して残りの分の貯金もあります。 高度障害の保険金と障害年金での貯金は共有財産として扱うものか、固有財産と考えていい物なのかがわかりません。法律や過去の判例等があれば教えていただきたいのですが、よろしくお願いします。アドバイスの追加をお願いします。3人の子供がいて僕に長男、妻に二男と三男の親権者の予定です。妻の収入は0で働く気も無です。こちらから2人分の養育費を請求されていますが、障害年金の収入をサラリーマンと同じ収入として養育費の計算をするものなのでしょうか

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

離婚協議の件でしたので、離婚に詳しい弁護士さんや行政書士さんの回答が

つくかと思いましたが回答がなく期限が来ているようでしたので

ファイナンシャルプランナーとして回答させて頂きます。

 

まず、高度障害での保険金は「受取人」の固有財産となりますので

質問者様が受取人であれば質問者様の財産となります。

 

次に障害年金ですが、通常の年金と扱いが異なります。

 

通常の年金ですと、数年前に話題になりましたが「年金分割」という制度ができ

この制度は下記のようなものです。

1、「通常の離婚分割」・・・婚姻期間分に該当する将来の年金額の最大半分までを

 協議により相手方の取り分とできる制度

2、「3号分割」・・・平成20年4月からの婚姻期間分に該当する将来の年金額については

 相手方の一方的な請求であっても強制的に半分に分割される。

 

障害年金の場合、2については適用除外となっていますし、1についても協議の段階で

障害者の方にかなり有利な割合となるように裁判官の判断が得られるように

なっています。

 

障害年金の権利について、今後については、以上のようになりますが

すでに入金され預貯金となっている場合はどうでしょう。

婚姻後の預貯金自体は共有財産となり基本的に折半ですが

障害年金分の振込であることが明確に分かれば、(通帳のみ別にしてある、

通帳はいっしょだが古い通帳までずべてとってあり金額が容易にまとめられる、など)

障害年金分を除いて計算することができます。

 

以上、少しでもお役に立てば幸いでございます。

 

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.


回答ありがとうございます。


高度障害の件ですが、受取人が僕(障害者)ではなく妻が受取人になっています。妻の固有財産と言う事になるのでしょうか?

専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.
引き続き回答させて頂きます。

おっしゃるように、受取人が奥様であれば
奥様の固有財産となります。
奥様が任意で分割するなら別と思いますが。。

以上、ご参考になりましたら幸いでございます
beallears-srをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問