JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tatsunoko1952に今すぐ質問する
tatsunoko1952
tatsunoko1952, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 34
経験:  1974年大学卒業後商社入社。2012年3月退職
65459328
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tatsunoko1952がオンラインで質問受付中

60歳になりますが 給与所得が有り年金受給の手続きはどうすればよいか。 8月23日で60歳 収入は月50万程度です

解決済みの質問:

60歳になりますが 給与所得が有り年金受給の手続きはどうすればよいか。
8月23日で60歳 収入は月50万程度です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 4 年 前.

ご質問有難うございます。

結論から申し上げますと、60歳になった時点で給与所得及び年金月額の合計が

28万円/月となった場合は年金支給額が減額されます。

ご質問者の方は1952年(昭和27年)生まれと思いますが、サラリーマンの場うs合加入している厚生年金の所謂報酬比例部分が60歳より支給される事になります。ご質問者の方

の報酬比例部分の年金金額が文面からは解りませんが、仮に10万円だとした場合は

60歳以降の給与が18万円以上となった場合に年金支給額が減額されますので、ご注意

下さい。

但し60歳以降も引き続雇用される場合、「高年齢者雇用継続給付」」という制度があり、

賃金が60歳到達時点より減額される場合はこの制度から一定の給付を受ける権利があり

ます。勤務先の継続雇用制度の給与水準によってもこの制度による受給金額が変わって

きますので詳しい事は現勤務先の人事担当にご確認頂くほうが宜しいかと思います。

 

以上ご納得いただけましたらご承認頂きます様お願い致します。

 

tatsunoko1952をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問