JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1537
経験:  大学卒業後、地方銀行11年、大手建機メーカー本社経理部2年勤務。現在は社会保険労務士事務所代表。
66125890
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

現在、失業保険を申請、10月から受給予定ですが、知り合いから会社の顧問就任の提案がきました。 一年契約で非常勤です

解決済みの質問:

現在、失業保険を申請、10月から受給予定ですが、知り合いから会社の顧問就任の提案がきました。
一年契約で非常勤です。どうするか、時期を含めて決めていませんが、知りたいのは、もし顧問になるとすれば再就職手当、もしくば高年齢雇用継続給付は受けられるのか、また、この手当と給付は併願できるのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働保険担当の社会保険労務士です。

まず再就職手当ですが、支給要件として

・1年を超えて引き続き雇用されることが確実であると認められる職業に就くこと

・待機期間が経過した後に職業に就いたこと

となっております。

ご相談者様はまだ待機期間ですので今就職すると再就職手当は該当しませんし、待機期間に入ったとしても、1年契約の仕事だと支給要件に該当しないため受給はできません。

 

 

次に高齢者再就職給付金ですが、支給要件が

・60歳に達した日以後安定した職業に就き雇用保険の被保険者となる

・退職した会社での雇用保険の期間が5年以上で、なおかつ基本手当の支給を受けたこと

がある

・再就職後の賃金(月額)が、基本手当(失業保険)日額の算定の基礎となった賃金日額に30を乗じて得た額の100分の75相当を下ること

・再就職後の賃金が、327,486円未満であること

これらの全てを満たさなければなりません。

「安定した職業」に該当しないことから、この高年齢再就職給付金も支給対象とはなりません。

 

 

顧問に就任して1年が経ってしまえば、雇用保険(失業保険)の受給期間も終了してしまいますので、

①失業保険をもらう

②失業保険をもらわず顧問になる

③失業保険をもらってから顧問になる

のいずれかをご相談者様が選択される事になります。

質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございました。雇用期間をもって安定した職業ではないとのことですが、期間が一年を越えれば非常勤顧問でも資格要件を満たすということですね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございました。雇用期間をもって安定した職業ではないとのことですが、期間が一年を越えれば非常勤顧問でも資格要件を満たすということですね。
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

再就職手当の支給要件については8つあり、全てを満たす必要があります。当初いただいたご相談内容から該当する2つを記載させていただきましたが、その2つ以外にも、

・平成21年3月31日から平成24年3月31日までの間に安定した職業に就いた者については、その前日における基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上であること

 

という要件があります。この「安定した職業」に関しては、非常勤は通常は該当しません。ただし複数年契約や、期限の定めのない顧問であればハローワークの裁量で再就職手当の支給対象になる可能性はあります。

認定の権限がハローワークですので、顧問就任を正式に決定される前に確認されますことをお勧めいたします。

 

なお先ほどの回答の補足ですが、再就職手当は待機期間経過後でなければ支給に該当しませんので、10月から失業保険を受給されるご予定との事ですので、顧問に就任するのは少なくとも11月以降となりますので、ご注意ください。

sr_hossyをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問