JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tatsunoko1952に今すぐ質問する
tatsunoko1952
tatsunoko1952, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 34
経験:  1974年大学卒業後商社入社。2012年3月退職
65459328
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tatsunoko1952がオンラインで質問受付中

あと半年で65歳になると現在勤務している会社を定年退職します。現在給料は570万円ですが、年金を100%(250万円

解決済みの質問:

あと半年で65歳になると現在勤務している会社を定年退職します。現在給料は570万円ですが、年金を100%(250万円)もらうとすれば給料はいくらに設定すれば(嘱託に移行)いいでしょうか。現在、年金は貰っていません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 5 年 前.

ご質問有難うございます。

 

65歳以降も嘱託で勤務されると了解します。

またご質問者の方の年金額250万円から判断して、老齢厚生年金約13.5万円/月、老齢

基礎年金約7万円/月という前提で以下説明します。

 

1.老齢基礎年金:

  65歳以降報酬金額に関わらず全額支給されます。

 

2.老齢厚生年金: 

  やや複雑な計算ですが、「総報酬月額(嘱託給与)+老齢厚生年金額」が46万円

  以上か以下か、によって年金額が変わってきます。

  「基本月額-(基本月額+総報酬額ー46万円)×1/2」が老齢厚生年金の支給額に

  該当します。

  ご質問者の老齢厚生年金が13.5万円であれば、「13.5万ー(13.5万+総報酬額

  -46万円)×1/2」が支給額となります。従い総報酬額32.5万円/月であれば、

  老齢厚生年金は全額支給となります。(総報酬額が33万円になると、上記計算から

  年金は2,500円が減額されるという計算になります。)

上記のことから、嘱託給与総額は390万円以内に収める事で

年金の全額受給が可能と思われます。

但し、この計算はあくまでも冒頭に記載した前提での概算計算ですので、詳細は勤務先の人事部にご確認頂く必要があります。

 

以上長くなりましたが、ご納得頂けたでしょうか。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。これをベースにして当たってみます。回答が早いですね!

専門家:  tatsunoko1952 返答済み 5 年 前.

勤務先にご確認頂き、当方の説明と齟齬がなければご承認の程、宜しくお願い

致します。

tatsunoko1952をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問