JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tatsunoko1952に今すぐ質問する
tatsunoko1952
tatsunoko1952, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 34
経験:  1974年大学卒業後商社入社。2012年3月退職
65459328
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tatsunoko1952がオンラインで質問受付中

離婚して年金分与はどのようにすればいいのですか

質問者の質問

離婚して年金分与はどのようにすればいいのですか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 5 年 前.

ご質問有難うございます。先ほど回答を送信したはずですが、まだお手元に届いて

いないようですので、再送します。

 

頂戴した文面からの情報での回答ですので、一般論的な回答に

なりますが、以下参考にしてください。

 

1.年金分与(正確には「年金分割」)は、夫がサラリーマンであった場合、婚姻期間中の

  厚生年金保険料をそれぞれが支払っていた形にして、離婚後も妻の年金収入をある

  程度保障するという制度です。(本来夫が受取る厚生年金金額を分割するのではなく、

  保険料を分割することによって、妻にも年金が支払われるということです。)

2.この制度を利用する為には、離婚後2年以内に請求しなければ無効となります。また

  請求前に前夫が死亡してしまった場合も、年金分割請求が出来ません。

3.分割の割合は、基本的には離婚時の夫婦の話し合いによって、厚生年金部分の最大

  50%までは妻が受取る事が可能ですが、話し合いが合意しない場合は家庭裁判所

  での調停になります。

4.また話合い或いは調停による分割割合が確定した後も、社会保険事務所にて分割の

  手続を取る必要があります。 

5.一つ注意して頂きたいのは、夫がサラリーマンでありかつ厚生年金保険料の負担を

  している場合、年金分割をしてしまうと分割割合に応じて夫の厚生年金保険料の一部

  を負担する必要があります。

 

以上極めて一般論的な説明ですが、ご納得頂けたでしょうか。

保険・年金 についての関連する質問