JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

今は、まだ結婚していない状態ですが、相手が年金受給するまでにはと考えていますが、遺族年金はもらえるのでしょうか?また

解決済みの質問:

今は、まだ結婚していない状態ですが、相手が年金受給するまでにはと考えていますが、遺族年金はもらえるのでしょうか?また、条件があるのなら教えていただきたいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。社会保険労務士です。

貴方が男性であるか女性であるか、また相手方の年齢、年金加入期間などが不明ですので、以下のURLをご参考にしていただければと思います。

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5171

質問者: 返答済み 5 年 前.

私は、女性で相手は54歳  加入時期は、20歳だと思います。私の加入時期も20歳です。

  年の差がありますし、正式な妻というわけではありませんが、一緒に暮らして11年ぐらいです。 その間は、住所変更などはしていなかったので住所が一緒になったのは2年くらいです。 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

遺族厚生年金が受給できる遺族の範囲である妻は事実上婚姻関係にあるものを含みます。

さらに、死亡の当時にその者によって生計を維持していたことが必要です。

生計を維持していたというのは、生計を同じくし年収850万円(所得655万5,000円)以上の収入を将来にわたって有すると認められる者以外のものであることです。

事実上の婚姻関係にあるものというのは、明確な判断基準はありませんので、個別のケースで判断されます。

 

また、相手方(死亡した者)の要件は以下のようになります。

①被保険者が死亡したとき

②被保険者であった者が、被保険者の資格を喪失した後に、被保険者であった間に初診日がある傷病により当該初診日から起算して5年を経過する日前に死亡したとき

③1級・2級の障害厚生年金を受けられる者が死亡したとき

④老齢厚生年金の資格期間を満たした者が死亡したとき

remember2012をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問