JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

社会保険の標準報酬月額についての相談です。弊社は従業員とも話し合って固定給の月額で申告しております。保険料の負担が重

質問者の質問

社会保険の標準報酬月額についての相談です。弊社は従業員とも話し合って固定給の月額で申告しております。保険料の負担が重すぎるため社長自身も現在社会保険には加入していません。
このたび調査ということで、賃金台帳と所得税の徴収高領収書を持参するように封書で案内がありました。

できればこのまま続行したいのですが不可能でしょうか? あと何か罰則はあるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

今年度からすべての適用事業所に対して4年に1回、事業所調査を実施することとされたため、適用事業所総数の4分の1程度が年金事務所に呼び出され、定時決定時調査を実施されることになりました。

貴方の会社もこのために案内があったのでしょう。

調査の目的が貴方の会社のように適正に届出されていないところを指導するためのものですので、今のまま続行することは無理でしょう。

罰則としては「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」というのがありますが、きちんと書類を提出し、改善する意思を伝えれば実際に罰則が適用されることはないと思います。

また、過去に遡って保険料を徴収されるかどうかも、貴方の会社の態度や程度をみて、年金事務所が判断することになります。

保険・年金 についての関連する質問