JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

所得が年間130万円を越える場合は、厚生年金に加入しないといけないと言われましたが、掛け持ちした場合も、個人の年収が

質問者の質問

所得が年間130万円を越える場合は、厚生年金に加入しないといけないと言われましたが、掛け持ちした場合も、個人の年収が130万円を超える場合は、どちらかの事業所で加入しないといけなくなるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

130万円というのは被扶養者の認定基準です。

また、所得ではなく収入です。

(所得とは社会保険料や基礎控除を引いたもの、収入はそれらを引く前のものです)

 

貴方が今働いている会社で社会保険に加入する必要があるかどうかは、労働日数、労働時間が判断基準となります。

労働日数、労働時間の両方が一般社員の4分の3以上であれば、常用的使用関係にあると認められ、社会保険に加入する必要があります。

 

もし貴方が現在はご家族(配偶者)の扶養に入っていて、今後は掛け持ちでも見込み年間収入が130万円を超えるのであれば、扶養から外れ、国民年金、国民健康保険に加入することになります。

それと貴方が現在お勤めの会社で社会保険に加入することとは別問題になります。

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答をご覧いただき、ありがとうございます。

専門家としてご提示された金額、ご質問内容から判断できる範囲で十分な回答を心掛けておりますが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などございましたでしょうか?

ありましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

よろしくお願いいたします。

保険・年金 についての関連する質問