JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tatsunoko1952に今すぐ質問する
tatsunoko1952
tatsunoko1952, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 34
経験:  1974年大学卒業後商社入社。2012年3月退職
65459328
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tatsunoko1952がオンラインで質問受付中

昨年より年収減なのに介護保険料、国民保険料が変わらないのは? 年金額1749400円介護保険14900円国民保険2

質問者の質問

昨年より年収減なのに介護保険料、国民保険料が変わらないのは?
年金額1749400円介護保険14900円国民保険24300円月手取り額123833円
これなら、生活保護受けたい
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 5 年 前.

ご質問有難うございます。

 

年金額が減っているのに、健康保険料や介護保険料が前年と変わらず、これなら生活保護を受けたいというお気持ちは理解出来ます。

 

一方、健康保険や介護保険の計算方法は一定のルールを基に計算されますので、ご質問者の方の年金減額分は今年度の両保険料計算上、保険料の減額要素とはなり得なかった結果ですので、残念ながら保険料の減額は難しいと思います。(健康保険、介護保険の各保険料計算基準は各市町村で異なっており、役所のHPにも記載されていますが、非常にややこしい計算になっています。何らかの計算ミスにより過大な保険料を徴収されてしまうという可能性は否定できません。直接区役所の窓口に一度保険料計算根拠を確認し、

ご自身の保険料の妥当性を確認されることをお奨めします。)

 

また生活保護に関しましても、支給基準が細かく規定されています。少なくとも、預貯金があったり、自家用車を保有していたり、という方は対象外となってしまうケースもあります。

こちらも役所の窓口がありますので、一度ご相談されては如何と存じます。

 

ご質問主旨に沿った回答になったかどうか解りませんが、ご参考になればと存じます。

保険・年金 についての関連する質問