JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tatsunoko1952に今すぐ質問する
tatsunoko1952
tatsunoko1952, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 34
経験:  1974年大学卒業後商社入社。2012年3月退職
65459328
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tatsunoko1952がオンラインで質問受付中

今年の10月から過去10年の年金未納の後納ができると知りました。昭和44年10月23日生まれです。国民年金納付2ヶ月

解決済みの質問:

今年の10月から過去10年の年金未納の後納ができると知りました。 昭和44年10月23日生まれです。国民年金納付2ヶ月、免除43ヶ月、3号被保険者37ヶ月、厚生年金54ヶ月、納付済み136ヶ月、未納144ヶ月、離婚して再婚なのですが、すべて主人に任せてありましたので、何もわからず最近未納があることがわかりました。平成22年11月躁うつ病を発症し、平成24年2月精神障害者福祉手帳の1級です。平成22年3月に会社を退職し今年の8月まで傷病手当を受給します。病院で障害者年金の話を聞きました。初めて自分の年金を調べましたら上記のようになっておりました。障害者年金を受給するのには3分の2の納付がないと受給資格がないとのことでした。何年何ヶ月後納すれば受給資格を満たすのか知りたいです。現在は全額免除の状態です。ややこしくてすいませんが、よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 5 年 前.

ご質問有難うございます。

 

時系列的に整理してみます。

①ご質問者の方が年金加入義務が生じるのは1989年10月です。

 (20歳になった時点で加入義務がある。)

②障害年金受給資格が発生する初診日は平成22年11月(2010年

 11月)。この時点で年金保険料納付が2/3以上あることが、障害年金

 受給資格要件となる。

 つまり、21年1ケ月(253ケ月)の2/3以上なので、169ケ月加入して

 いる必要がある。

 

現在までの加入実績(免除期間も含め)は136ケ月との事ですので、

計算上は 33ケ月不足すると言うことになろうかと思います。

一方、離婚後に再婚されているという事ですが再婚の時点で、ご主人の

3号被保険者とはなっていないのでしょうか?文面からは再婚時期が

解りかねますが、その時点で3号被保険者の手続が取られているかと

思いますので、実際は納付義務をクリアされているのではないかと

推測されますが・・・・。(ご主人が自営業であれば、未納となってしまって

いることも考えられます。)

 

上記を参考にして、再度社会保険事務所にて年金加入記録を確認頂き、

障害年金受給の為の不足月数の有無は確認された方が宜しいかと思います。

 

 

tatsunoko1952をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問