JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tatsunoko1952に今すぐ質問する
tatsunoko1952
tatsunoko1952, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 34
経験:  1974年大学卒業後商社入社。2012年3月退職
65459328
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tatsunoko1952がオンラインで質問受付中

初めて質問させていただきます。アメリカでブルーシールドの個人の健康保険に加入しており、別の州へ引っ越しのため1か

質問者の質問

初めて質問させていただきます。
アメリカでブルーシールドの個人の健康保険に加入しており、別の 州へ引っ越しのため1か月前にはエージェントに解約の申請をし、エージェントからは解約手続きをしましたので、特に何もする必要はありません。との返答をもらい、引っ越しました。引っ越し先では保険料が引き落としされていた口座の銀行がなく、2か月ほどたってから口座の確認をしたところ 保険は解約されておらず引き落としが続いていました。すぐにエージェントに連絡し、保険会社と交渉してもらいましたがリファンドはされないとのこと。エージェントは1か月分だけエージェントで支払うとのこと。(引き落としは運悪く3回が終わっていました・・) 保険会社はともかく、エージェントに対してどのようにしてできるか、もしくはエージェントの条件をのんだ方がよいのかご教示願えればと思います。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 5 年 前.

ご質問有難うございます。

アメリカと日本では保険業に関する法制度が異なると思われますが、日本で保険代理店業務に携わっていた立場から一般論としてコメント致します。

 

1.日本の場合、保険契約解約について代理店に依頼をした場合、解約書類に契約者の 

  署名をした上で解約手続が行われますが、今回の件はエージェントとの間では電話で 

  のやりとりだけだったのでしょうか?

2.メールなり何らかの形で解約意思表示をされた旨のエビデンスが残っていれば、

  エージェント側の手続ミスと考えられますので、全額返還請求は可能かと思われます。

  口頭でのやり取りだけですと、解約意思表明をいつ行ったかの立証が出来ないので

  正直言って全額返還は難しいかと思います。(最悪、エージェントと折半という辺りが

  落しどころで、交渉をされては如何でしょうか)

 

 但し、この見解はあくまでも日本における保険代理店の業務を前提にしておりますので

 弁護士のお知り合いがいれば、確認はされた方が良いかと思います。

 米国での保険実務経験がない為、一般論として迫力のない回答ですが、ご参考にして

 下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。
エージェントとの間では、メールで解約の要請とエージェントからの回答として契約手続きを終了しましたとのメールが残っています。
エージェント側では 数か月確認を怠った私側の責任を追及しているニュアンスがありましたので、私的には納得できていない状況です。弁護士に相談する価値のある案件である可能性があるようでしたら、弁護士を探してみようと思いますが、アメリカでの具体的な状況判断をお聞かせいただきたいと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
アメリカ国内での対応に経験のある専門家からのご教示を願います。
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 5 年 前.

ご質問者の方へ

 

最初に回答した者です。米国事情ついては私も疎いので、どなたか別の専門家の方のアドバイスを受けて下さい。

但し、メールのやり取りが残っているのであれば、これはどう考えてもエージェント側のミスであり、ご質問者が保険料をご負担する責任は全くないと思われます。

保険・年金 についての関連する質問