JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1537
経験:  大学卒業後、地方銀行11年、大手建機メーカー本社経理部2年勤務。現在は社会保険労務士事務所代表。
66125890
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

歩いて通院中に事故に遭い、現在は介護・食事・通院費用などの保障を受けています。 住宅内に手すりなどを付けるバリ

解決済みの質問:

歩いて通院中に事故に遭い、現在は介護・食事・通院費用などの保障を受けています。

住宅内に手すりなどを付けるバリアフリー改修費用は
「誰でも年を取ると必要になるもので、時間の問題だから、保障対象外です。」
と相手の保険会社担当から言われました。

納得がいかないのですが、どのように考え、今後はうしたらよいのでしょう。

お答え頂けましたら幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。生保・損保の販売募集人資格を持つファイナンシャルプランナーです。

まずお身体の状態はいかがでしょうか?お大事にしていただけたらと存じます。

ご相談の保険会社からのバリアフリー費用の支払拒否ですが、事故の相手方の保険という事ですので、どこまでの補償内容の保険に加入していたかが不明ですが、保険会社としては色々な理由をつけて支払いたくない、というのが本音でしょう。

ご相談者様のお歳を存じ上げませんが、高齢の方が被害者の場合、今回保険会社が言っている「誰でも年を取ると必要になるもので、時間の問題だから、保障対象外です。」というのは、理由としては間違ってはいないのです。

しかし実際には、交通事故でのバリアフリー費用支払いの判決は多数でています。

保険会社が支払わないのであれば、加害者に対して費用の支払いを請求することとなります。(保険会社は契約内容の部分や、保険会社自身が必要と認めるもの以外は支払おうとしませんので)

その際に、事故前であればご相談者様はこれだけ自由に身体が動いていた、という証拠が必要となります。それはいつもご相談者様が歩いているのを見かけている近所の人の証言でもいいでしょう。

手続きとしては、弁護士の先生に相談してください。そのうえで、

①内容証明郵便で相手方に費用の請求をする。

②応じない場合は、訴訟を起こし裁判で決着させる

となります。

内容証明の作成も、弁護士の先生にお願いすると間違いないですし、弁護士さん作成の内容証明が通知されたことによって、相手が支払いに応じる可能性が高くなると思います。(裁判まで行かずに解決する方が、ご相談者様にとっても負担が少ないです)

お知り合いや近所に弁護士さんがいらっしゃらないようでしたら、

【新潟県弁護士会】や【法テラス】で、交通事故の事案に強い弁護士さんを紹介してもらうのがよろしいでしょう。

sr_hossyをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問