JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

現在80歳の母親ですが40年以上前に離婚した後10年間くらい会社員として働いていました。(年金保険料は引かれていたそ

解決済みの質問:

現在80歳の母親ですが40年以上前に離婚した後10年間くらい会社員として働いていました。(年金保険料は引かれていたそうです)
独身時代にも会社員として数年働き、結婚後は八百屋をしていましたがこのときは国民年金には加入後数年で支払いをしなくなったようです。
一時金も何ももらっていないのですが、何か請求できるものはあるのでしょうか。
(年金手帳は紛失したようです)
現在は子供の私が同居して面倒をみています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

老齢年金を受給するには受給資格期間(保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間)が25年以上あることが必要です。

これだけでみると貴方のお母様は受給資格期間を満たしている可能性は低いのですが、生年月日による特例や、合算対象期間などもありますので一度、年金ダイヤルなどでご確認されてみるとよいでしょう。

 

【年金ダイヤル】

http://www.nenkin.go.jp/n/www/office/index.jsp

 

また、年金手帳の紛失した際も再発行してもらえます。

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2301

質問者: 返答済み 5 年 前.
老齢年金をもらうことはは難しいかも知れませんが、過去に何ももらっていませんので脱退手当て金の請求用件には該当しないのでしょうか。また該当しても請求は時効なのでしょうか。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

脱退手当金は、昭和16年4月1日以前に生まれた者が、次の全ての要件を満たした場合に限り、支給されます。

 

①被保険者期間が5年以上あること

②60歳に達しており、被保険者の資格を喪失していること

ただし、次のいずれかに該当する場合は、支給されません。

ア、老齢給付の受給資格期間を満たしているとき

イ、障害給付の受給権者であるとき

ウ、過去の脱退手当金の額以上の障害年金、障害手当金等の支給を受けたことがあるとき

 

貴方の場合は、合算対象期間などを合わせても受給資格期間を満たさない場合に請求できる可能性があります。

 

再度ご参考までに日本年金機構の該当ページのURLを記載させていただきます。

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3252

remember2012をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問