JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

社会保険のことでお尋ねします。  質問:保険料や年金をどちらも払わなくてはいけないのか。     先月4月

解決済みの質問:

社会保険のことでお尋ねします。

 質問:保険料や年金をどちらも払わなくてはいけないのか。
  
 先月4月28日に登録派遣社員として働いていた会社を退職、29日が会社の健康保険と厚生年金保険の喪 失日です。
 就職先が見つからないので、市役所にて国民健康保険の加入手続きをしました。
 離職票がいまだもらえていないため、会社に頼んでようやく喪失連絡票というものを出してもらいました。
 退職日が末日のために4月分より保険税を納めることになるとの説明をうけました。
 同時に国民年金の加入手続きも済ませました。
 
 その際に4月分の給料明細を持参していましたので、役所の担当者に4月 分の社会保険料が既に引かれて るのでどうしたら良いか尋ねましたら、「だぶって払うことはないので会社に連絡して返金してもらうようにし  てください」とのことでした。
 この時、社名変更の件も市役所の担当者に伝えました。
 
 相談には関係ないかもしれませんが、給料は末日締めの翌月20日払いです。

 すぐに会社に連絡したところ、今回の場合は返金できないと言われました。
 理由は4月1日から働いた日数が一か月未満だからだそうです。
 

 実はこの会社には平成22年7月から勤務していましたが、平成24年4月1日付けで社名変更されました。
 ですので、3月31日付で旧社名の会社を一旦退職となり、4月1日より新社名の会社に入社となりました。
 新社名の会社で一か月未満しか勤務していないので返金は不可とのことです。

 その後もう一度市役所に電話しましたら「会社の健康保険組合に連絡してください、市役所では何とも言
 えません」 と言うだけでした。

 困って年金事務所に出向いて今までの経緯を話したところ、すぐに調べて下さり、珍しいケースだがやはり  どちらも払うことなってしまうとのことです。
 
 社名変更が影響しているのでしょうか。
 支払う必要があるのならどうしてなのか知りたいです。

 文章力が無くて申し訳ありません。お答えいただける先生宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

貴方もすでにご承知と思いますが、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の保険料は月を単位として徴収されます。

被保険者の資格を取得した月から資格を喪失した月の前月まで被保険者期間として保険料を徴収されます。

よって、通常であれば平成22年7月~平成24年3月までの保険料が徴収されることとなりますが、年金事務所の方が仰るように貴方の場合は少し事情が違うようです。

 

貴方の会社は社名変更に伴い、平成24年3月31日付で退職にし(資格喪失は4月1日)、4月1日に新しい会社で資格取得手続きをしているようですね。

この場合、旧会社での被保険者期間は平成22年7月~平成24年3月までとなり、新しい会社で4月の1ヵ月、被保険者となります。

この4月の保険料の取り扱いですが、社会保険では被保険者の資格を取得した月にその資格を喪失したときは、その月を1ヵ月として被保険者期間に算入します。

これを同月得喪といいます。

つまり、4月分は社会保険(健康保険、厚生年金保険)の保険料と、国民健康保険料、国民年金保険料の両方を徴収されることになります。

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

先ほどの回答の補足ですが、会社がその名称だけを変更した場合は「健康保険厚生年金保険適用事業所名称変更届」を提出すればよいことで、貴方の被保険者の資格喪失、取得手続きをする必要はありません。

なぜ、会社が貴方の資格喪失、取得手続きをしたのかは不明ですが、もしかしたら会社が上記届出のことを知らずに各従業員の手続きを行った可能性もありますので、一度そのあたりの事を会社に確認してみられてはいかがでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

迅速なご回答ありがとうございました。 分からない点があるので確認させて下さい。

1.もし社名変更に伴う退職がなく平成22年7月から平成24年4月28日まで同じ会社で被保険者だった場合、4月分は国民健康保険料と国民年金保険料のみの支払いでよかったということでしょうか。

2.今回4月30日付けで退職し、5月1日を喪失日とすれば両方払うようなことにはならなかったのでしょうか。

3.社会保険や国民健康保険、年金で言う末日とは何日から何日までしょうか。

今更ですが、以前に10年勤めた会社を月の20日付けで退職後すぐに国民健康保険に加入しましたが、その月の分の社会保険料は会社から返金していただいたことを思い出しました。

重ね重ねの質問済みません。以上最後に確認したい点です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

補足読ませていただきました。

会社に確認してみようと思います。

そういえば最初は任意継続も検討していましたので健康保険組合に行った際に調べてもらったところ旧会社から続けて2か月以上加入しているので大丈夫と言われました。

でも旧会社の保険喪失票はあるのです。

いろいろ不明なので確認してみます。

本当にありがとうございました。

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こちらこそ、ご質問ありがとうございました。

因みに任意継続被保険者の資格要件である継続して2カ月以上加入というのは、3月で資格喪失していても、そのまま継続して(1日も間を空けず)、4月に資格取得していれば、継続して2カ月以上という要件を満たすので、保険喪失票は関係ありませんよ。

質問者: 返答済み 5 年 前.

先生、何度も申し訳ありません。

23:24に返答を送信させていただいたのですが、ご確認お願い致します。

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

申し訳ございません。23:24のご返信、只今確認させていただきました。

それでは回答させていただきます。

 

1.もし社名変更に伴う退職がなく・・・

その通りです。

4月29日が喪失日となりますので、3月(喪失した月の前月)まで社会保険の被保険者となり、4月は国民健康保険料と国民年金保険料のみです。

 

2.今回4月30日付けで退職し・・・

その通りです。

同月得喪とならないので、保険料が二重になることはありません。

 

3.社会保険や国民健康保険・・・

末日とはその月の最終日の事です。

例えば4月は30日、5月は31日です。

以前お勤めであったところが20日退職であれば、その前月までが社会保険の被保険者で、その月は次の会社での被保険者、もしくは国保、国民年金の被保険者となります。

(その他、任意継続被保険者、家族の扶養に入るケースもありますが)

この場合、貴方のように、それまで勤めていた会社が間違って退職日の属する月の保険料を徴収してしまうことがあるのですが、それは返金してもらえます。

remember2012をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問