JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 309
経験:  4年生大学卒業 平成15年社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

4年前に医院を開業した者です。はじめは個人事業主なので、医師国保に加入しました。年金は、厚生年金です。2年前

解決済みの質問:

4年前に医院を 開業した者です。
はじめは個人事業主なので、医師国保に加入しました。年金は、厚生年金です。
2年前に法人化しましたが、社会保険はそのまま移行しました。
このたび、スタッフが産休を取ることになり、医師国保では産休の際の所得保障がないことがわかりました。
これをきっかけに社保と国保を比べてみると、保険料も社保の方が割安であることがわかりました。
私にとっては国保の方が安いのですが、それほど収入の多くないスタッフにとっては、所得に応じて保険料も変化する社保の方が安いようです。
今後、他のスタッフが産休を取るときの事も考えて、社保に切り替えをしたいのですが、そのようなことは可能でしょうか。
担当の税理士事務所に尋ねましたが、院長とスタッフが違う保険というのは前例がないそうです。
スタッフは7人おり、2人は常勤、3人は常勤に近いパート、2人はパートで、先の5人が社会保険に加入しております。
開業時に、何も疑問に思わずに医師国保に加入しましたが、社保にも加入できたのでしょうか。
以上、2点お教えいただけると幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答いたします。

確かに税理士さんの言うように選択できるのは

①医師国保+厚生年金

②健康保険+厚生年金

の選択になります。

個人事業主の場合は、常勤が5人以上であれば社会保険は強制加入となり、上記から選択することになりますが、5人未満であれば、医師国保+国民年金となります。

法人になった場合は、院長一人でも社会保険は強制加入となります。

よって、開業時は個人事業主だったと思われますので、常勤が5人未満であれば、医師国保+国民年金、常勤が5人以上であれば上記の①、②の選択ができたと考えます。

また、現状でも医師国保を脱退し、健康保険+厚生年金にすることは可能です。

さらに申請し、承認されれば、院長だけ医師国保+厚生年金、他の従業員は健康保険+厚生年金でも可能なので、一度最寄りの年金事務所に申請の相談をしてみてください。

hiroumushiをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問