JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 309
経験:  4年生大学卒業 平成15年社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

私は厚生年金です。6月で61歳になります。65歳までの再就職を考えましたが妻(フィリピン人過去に不法滞在あり、在留特

解決済みの質問:

私は厚生年金です。6月で61歳になります。65歳までの再就職を考えましたが妻(フィリピン人過去に不法滞在あり、在留特別許可再申請中です。)は国保加入できず、現在病気通院中で自費も相当な負担です。子供2歳半がおりますので仕事に出られません。
 私の老齢年金と企業年金は月72,000程度と子供手当月15,000で合計87,000位で医療費自費はかなりの負担です。
年金の繰上受給ではどの位でしょうか?又全ての手当て繰上は可能でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答いたします。

 

老齢基礎年金(国民年金)を繰り上げ受給する場合の減額率は0.5%に繰上げ請求月から65歳に達する月の前月までの月数を乗じて得た率です。

 

具体的には、例えば、貴方の場合は6月が誕生日のようなので、平成28年6月で65歳になると思われます。

 

よって、平成24年7月から繰上げ請求すると、平成28年5月までで、47か月です。

 

老齢基礎年金が80万円とすると、

 

80万円×0.005×47か月=188,000円となり、

 

80万円ー188,000円=612,000円/年、612,000円÷12か月=51,000円/月となってしまします。

 

一度、繰上げをしてしまうと変更はできず、65歳以降も減額された年金額になってしまうなどの不利なこともありますので、繰上げ申請する場合は、年金事務所でデメリットについてもよく話を聞いたうえで判断されたほうがいいと考えます。

 

また、手当の繰上げについては、どの手当のことを指しているのかは不明ですが、繰上げできるのはあくまでも老齢基礎年金の部分だけなので、その他の手当については繰上げはできないです。

 

奥様について、国保が加入できないとのことですが、貴方が日本人で結婚しているのであれば、日本人の配偶者として在留資格があると思われ、国保加入は可能だと考えますが、正式に婚姻していないのでしょうか?

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

 婚姻届や子供の出生届等は全てクリアしていますが、過去に不法滞在があり、現在は仮放免で毎月出頭しています。在留特別許可は再申請中です。

外国人登録証に在留資格なしとなっているためOKになりません。

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

そうなんですね。

 

再申請が通るといいですね。

hiroumushiをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問