JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

育休中は、月に払う保険料が月五千円だったのが復帰後マイナス約六万円となり、半年後位になれば減るからと言われましたがま

質問者の質問

育休中は、月に払う保険料が月五千円だったのが復帰後マイナス約六万円となり、半年後位になれば減るからと言われましたがまだ復帰後半日勤務でお願いしており、保育園の出費も痛く、少しでも出費を抑えたいし夫の扶養にすぐ入った方がよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

保険料というのは雇用保険料、社会保険料(健康保険、厚生年金保険)のことでしょうか?

そうであることを前提に回答させていただきます。

 

 

<育児休業中>

雇用保険料は実際に支払われた賃金に対して徴収されますので育児休業期間中に賃金が支払われていなかったのであれば保険料は発生していなかったと思います。

社会保険料も育児休業中は保険者に申し出ることによって免除されます。

 

<復帰後>

雇用保険料は上記のように実際に支払われた賃金に対して徴収されます。

社会保険料に関しては職場復帰後は従前の標準報酬月額をもとに保険料を算定されるのが原則ですが、育児休業等を終了した被保険者は事業主を経由して保険者に申出をしたときは、育児休業等終了日の翌日が属する月以後3カ月間に受けた報酬をもとに新たな標準報酬月額を改定することができます。

貴方はこのような申出をされましたか?

このような申出をすることにより半年も待つことなく、保険料が減額されます。

 

ご主人様の扶養に入るには貴方の年間収入が130万円未満である必要があります。

そのような要件を満たすのであれば、扶養に入ることも一つの方法ではあると思います。

 

 

 

 

保険・年金 についての関連する質問