JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 309
経験:  4年生大学卒業 平成15年社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

私は精神障害者です。精神障害2級です。年齢は48歳です。無職です。私は年金を1年に約190万円もらっています。私は公

解決済みの質問:

私は精神障害者です。精神障害2級です。年齢は48歳です。無職です。私は年金を1年に約190万円もらっています。私は公立の 小学校の教員だったので、国民厚生年金の他に共済年金をもらっています。私は結婚を考えている女性がいます。彼女はフィリピン人です。私は年齢が48歳なのでなるべく早く結婚したいです。しかし、テレビの情報では、近い将来、共済年金は無くなると言っています。もらえる年金が減るのでしょうか。年金が減ったら結婚生活は維持できません。私は結婚しないほうが良いのではないかと悩んでいます。どうなのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答いたします。

 

テレビ報道等で年金に関する情報が流れていますが、それは自営業者等が加入する国民年金、サラリーマン等が加入する厚生年金、公務員等が加入する共済年金を統合し、年金制度をシンプルに1本化しようというものです。

 

よって、共済年金の名称はなくなるかもしれませんが、共済年金としてもらっていた年金は名称や形が変わって支給されると思われます。

 

年金制度は今後の日本の課題となっていますが、いままで払った保険料や現状支給されている年金については、おそらく既得権として残るのではないかと考えます。

 

現に昭和21年4月1日以前生まれの人などは、60歳から満額の老齢厚生年金を受給していますが、それ以後の人たちは、段階的に減額されています。

 

よって、形は変われど貴方が現状受給しているものについては、法改正によってなくなるという可能性は低いと考えます。

hiroumushiをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問