JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒行政書士事務所・社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

はじめまして 当方昨年営業中に火災事故がありました この件に着きまして質問させていただきます 当方では事

解決済みの質問:

はじめまして

当方昨年営業中に火災事故がありました この 件に着きまして質問させていただきます

当方では事業保険に加入しており たまたま火災発生時加入保険の代理店さんも来店されていました
事故後 今回の案件は調査が必要といわれ それは当然だろうと詳しい説明もありませんでしたが
対応してきました
しかし 三ヶ月過ぎた頃に何も連絡もなく不安に思ったのでこちらから担当部署に連絡しました

すると今回の案件は調査に六ヶ月を要する案件でその旨口答で伝えたといわれました
いわれたことも記憶にありませんし 概容がつかめないので 文章にて回答を望みましたが
なにも回答は得られませんでした
腹立たしいですけれども そのよう法律で決まってるといわれたので半年辛抱していました

半年が経過し 調査結果そのたもろもろないようが知りたく連絡を取ったら
いまだ結果が出ておらず しかし支払い条件には合わないかもしれないので
弁護をたてる つもりで検討しているとのこと
まだ時期もきまっていないのか ただ連絡をまての一点張りです

以上が今日までの経過です
どう対応していけばよろしいでしょうか 宜しくおねがいします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 免責条項というのがあるはずでので、そのどれかに該当しているから、不払いであると思います。 

 

 内容証明でも手紙でもよいので、不払いの法的根拠(法といっても普通取引約款ですが)をキチンと説明してもらってください。

 

 それが合理的な理由に基づく場合であれば、いたし方ありません。

 

 そうでない場合は、法的アクションを起こす余地があります。その場合でも免責条項の社会的妥当性、当事者への周知の程度(前者が否定されても、契約自由の原則=意思自治、私的自治の原則で当事者が有効と知りながら約款を締結したとして、有効とされる可能性あり)等が議論の俎上にのることになります。

 

 

 

 いずれにしても相手方の主張・理由がわからないと手のうちようがありません。

kionawakaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

もうすこしくわしく

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 弁護士が入っているなら、やがて免責条項についての法的見解(踏み倒しの理由)を書面で明らかにしてくるはずです。

 

 免責条項(支払しない場合について)があると思うので、約款で思い当たる箇所をここに貼り付けてもらえば、意見もいえると思いますが。

 

 今のままではデータ不足です。

保険・年金 についての関連する質問