JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 309
経験:  4年生大学卒業 平成15年社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

昨年10月に定年 、その後嘱託で同じ会社に勤務しています。今年7月に退職となる予定です。その後は可能な仕事があれば可

解決済みの質問:

昨年10月に定年 、その後嘱託で 同じ会社に勤務しています。今年7月に退職となる予定です。その後は可能な仕事があれば可能な限り働くつもりです。
Q1.年金の支給開始は 退職後の月からですか
Q2.失業保険をもらう予定ですが支給されるまでの間は年金支給の取り扱いはどのようになりますか
   その間の年金の支給は 一括で支払われますか
Q3・失業保険受給開始後65歳になった場合の支給残日数の取り扱いはどのようになりますか

私の属性
・生年月日 1947年10月14日 生 64歳 男
・妻 働いていまして 扶養扱いではありません(収入が多い)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答いたします。

 

Q1についてですが、貴方の場合は、64歳の誕生日を迎えた時点で特別支給の老齢厚生年金の受給資格を得ていると思われます。

 

10月14日より申請は可能だと思われますが、まだ申請はしていませんか?

 

年金の支給は年金を受ける権利が発生した月の翌月から支給されます。(実際の支払いは偶数月です)

 

年金受給権はあると思われるので、すぐにでも申請を行えば、11月分からさかのぼって受給できると思われます。

 

ただし、会社に在籍していて社会保険に加入しているのであれば、給料月額によっては、在職老齢年金で年金の支給カットがある可能性があります。

 

 

Q2についてですが、老齢厚生年金と失業給付を同時に受ける場合には、どちらか一方を選択することになります。(基本的には金額の多い方を選ぶことになると思います)

 

失業給付を選択した場合には、年金は支給停止となり、あとでその分を一括してもらえるわけではなく、支給停止部分については、もらえません。(2重取りはできないということです)

 

Q3についてですが、失業給付の受給期間は離職日の翌日から1年間です。

 

定年退職者については受給期間の延長が1年でき、最大で2年間にすることも可能です。

 

よって、65歳になったとしても受給期間内であれば、失業給付は支給されます。

 

一般的には失業給付を最大限もらい、その後年金受給になるパターンが多いと思われます。

 

hiroumushiをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問