JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 343
経験:  業務経験23年の開業社会保険労務士です。
61543350
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

零細企業に、勤めています。厚生年金基金に入りたいと思いますが、加入方法がわかりません。会社に相談しても、だめと言われ

解決済みの質問:

零細企業に、勤めています。厚生年金基金に入りたいと思いますが、加入方法がわかりません。会社に相談しても、だめと言われて加入してもらえませんでした。また、企業で作っている団体があると、聞いてますがそれもわかりません。どうか、宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

厚生年金基金の現状をご存じでしょうか。もし、知っていればそんなものに加入するのは馬鹿げていると思います。将来、もらえる年金が増えると思っている方がいるようてすが、実際は逆で、掛け金をみんな株でぶっ飛ばしてしまい、悲惨な現状です。

企業で作っている団体・・・というのは職域総合型厚生年金基金というものですが、まさに今。AIJ問題で大変なことになっています。加入したら最悪としかいいようがありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答有難うございます。しかし今までの、給料が安く年金も、もらえる金額が少なく

将来、不安です。

どのように、将来計画を、立てたらよいか教えて、ください。

年金予定金額は、150万位です。

 

 

 

専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

これからは、十分な年金が貰えるのは、公務員か一部の高給取りだった人だけです。年金に頼らない人生設計を考えましょう。もともと自営業の人は国民年金しか無く、ほとんどの人は、老後の生活費とは考えていません。

年金が少ない、もしくはないという人は、2つしか生きる道はありません。

1.死ぬまで働く

2.こどもを作って老いたら世話になる

年金なんて無い時代は、もともと日本人はそうしてたんです。

sin4864をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問