JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒行政書士事務所・社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

初めましてNNNNと申します。特別障害給付金の事で相談に乗って頂けたらと思いメールしました。実は私は今現在42歳です

質問者の質問

初めましてNNNNと申します。特別障害給付金の事で相談に乗って頂けたらと思いメールしました。実は私は今現在42歳ですが、約20年位前大学生の時統合失調症を発症し去年になって特別障害給付金を申請しましたが、1月30日付で日本年金機構より、特別障害給付金不支給決定通知書が届きました。当時在籍していた大学が夜間大学ということで駄目でした。発症当時東京の早稲田大学に通っておりました。学部は社会科学部です。年金機構のほうにも電話で少し聞いたのですが、私の通っていた学部は確か授業開始が2時40分くらいから始まり学費も結構な額でした。また当時普通の夜間大学なら卒業まで5年をゆうす るはずですが、私の学部は4年で卒業できました。年金機構の方と電話で話した時年金機構から大学の方に問い合わせて夜間大学だから駄目みたいでした。久留米市役所の障がい者福祉課の方と話した時多分夜間大学だとは思うけど書類一式揃えて申請してみないとはっきりとした事はわからないとの事でしたので、出してみましたが、夜間大学だとあてはまらないとの事でなんで夜間はあてはまらないのかといったら当時の法律でそうなっているからとの事でした。今正直に申しまして生活も非常に厳しくなんとかならないものかと思いましてメールしました。当時早稲田の社会科学部はクラスの中にはっきり年を召されている方はクラスに2、3人くらいかなという感じでした。ほとんど昼間の学部とも変わらないような印象が残ってます。 AA市AAAAAA NNNN携帯NNN-NNNN-NNNN
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.
(1) 平成3年3月以前に国民年金任意加入対象であった学生(※1)
(2) 昭和61年3月以前に国民年金任意加入対象であった被用者等(※2)の配偶者であって、当時、任意加入していなかった期間内に初診日(※3)があり、現在、障害基礎年金の1級、2級相当の障害の状態にある方が対象となります。ただし、65歳に達する日の前日までに当該障害状態に該当された方に限られます。
 なお、障害基礎年金や障害厚生年金、障害共済年金などを受給することができる方は対象になりません。
 また、給付金を受けるためには、厚生労働大臣の認定が必要になります。
(※1)国民年金任意加入であった学生とは、以下を目安としてください。
次の①又は②の昼間部在学していた学生(定時制、夜間部、通信を除く。)
大学(大学院)、短大、高等学校および高等専門学校
また、昭和61年4月から平成3年3月までは、上記①に加え、専修学校及び一部の各種学校
(※2)被用者等の配偶者とは、以下の場合となります。
被用者年金制度(厚生年金保険、共済組合等)の加入者の配偶者
上記①の老齢給付受給権者及び受給資格期間満了者(通算老齢・通算退職年金を除く)の配偶者
上記①の障害年金受給者の配偶者
国会議員の配偶者
地方議会議員の配偶者(ただし、昭和37年12月以降)
(※3)障害の原因となる傷病について初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日

 

 年金機構のHPですが、どうも除外されているようですね。残念ですが、法律でそうなっているようです。

kionawakaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
私の家に送られてきた特別障害給付金不支給決定通知書にはこの様に書かれてます。理由のところは(夜間の学部の生徒又は学生であるため、特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律第2条2項の「特定障害者」に該当しないため。)この法律の2条2項はどのような内容のものでしょうか?余り法律とか知らないのでわかりやすく説明お願いできませんか?また通知書にはこのような事も書かれてありました。(この決定に不服があるときは、この決定が あったことを知った日の翌日から起算して60日以内に文書又は口頭で、あなたの住所地の社会保険審査官(地方厚生局内)に審査請求できます。また、その決定に不服があるときは、決定書の謄本が送付された日の翌日から起算して60日以内に社会保険審査会(厚生労働省内)に再審査請求できます。なお、この決定の取消の訴えは、再審査請求の裁決を経た後でないと、提起できませんが、再審査請求が日から3か月を経過しても裁決がないときや、決定内容の執行等による著しい損害を避けるため緊急の必要があるとき、その他正当な理由があるときは、裁決を経なくても提起できます。この訴えは、裁決の送達を受けた日の翌日から起算して6か月以内に、国を被告(代表者は法務大臣)として提起できます。ただし、裁決の日から1年を経過すると訴えを提起できません。)と書かれてあります。不満があるなら60日以内に審査請求というものをしないといけないのでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
いろいろと質問しましたが、できれば他の弁護士の方か誰かの意見も聞いてみたいです。個人情報をちょっと軽率にだしすぎたかなとも思っています。もっと細かく回答を希望しておりました。
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 同条第2条第2号には

「二疾病にかかり、または負傷し、かつ当該傷病に係る初診日(昭和61年4月1日から平成3年3月31日までに間にあるものに限る。)において国民年金法等の一部を改正する法律(平成元年法律第86号)第1条の規定による改正前の国民年金法第7条第1項第1号イに該当し、かつ同法附則第5条第1項の規定による被保険者でなかった者であって、その傷病により現に障害等級に該当する程度の障害の状態にあるもの」

 

とあります。

 

 審査請求は60日以内にしないといけません。

 

保険・年金 についての関連する質問