JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

国民健康保険料を滞納している内に、保険証、資格証明書の発行もして貰えなくなり、無保険状態になり、医療費は100%

質問者の質問

国民健康保険料を滞納している内に、保険証、資格証明書の発行もして貰えなくなり、無保険状態になり、医療費は100%自費で支払っていました。 自分も高い保険料を支払うより、無保険の方が良いと思っていたところ、市役所から、無保険状態の時の保険料の差し押さえ予告通知が来ました。 この無保険期間の保険料の支払い義務はあるのでしょか?


滞納保険料を供託して、市と話し合う余地がありますか?


出来れば、無保険状態のままで良いと考えます。 


一法。滞納保険を支払えば、あるいは、差し押さえされ、滞納料金が回収された場合、保険給付の状態にもどり、自費で支払った金額の70%と子供の出産一時金は貰えるのでしようか?

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
日本ではアメリカなどと異なり、国民の誰もがいずれかの健康保険に加入することになっています。このことを国民皆保険制度と言います。
これが前提となる考え方のため 国民健康保険料の支払いをしていない人は、国民健康保険健康保険に加入しているけれども健康保険料を滞納していることになります。
もちろん国民健康保険は、任意加入の保険制度ではありません。国の意志によって強制させる保険であって、保険料は税金と同種のものとなります。実際国民健康保険保険税と称している市町村が圧倒的に多いです。
そのため無保険期間というのは、保険料の滞納期間ということになります。もちろん滞納額が多いようであれば、市役所と相談されたらよろしいかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

国民健康保険は国民健康保険法よって定められたものですので無保険状態の間の保険料も遡って納付する必要があります。

 

しかし、会社を解雇された方、災害や病気、特別な事情による方は申請することにより保険料の減額の申請もありますが、これらの制度はそれぞれの市区町村によって異なります。

 

申請した日以後に納期限が到来する保険料が対象になりますが、それも市区町村によっては特別な理由があれば納期限後でも遡って減額されるところもあるようです。

 

 

また、滞納保険料を支払えば滞納期間中に自費で支払った7割りは戻ってきます。

出産育児一時金も同様です。

 

いずれにせよ、国民健康保険の減額の要件、申請などは貴方がお住まいの市区町村によって異なりますので、一度、市役所に確認されることをお勧めいたします。

 

 

 

保険・年金 についての関連する質問