JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

68歳の男性です。妻は今年の4月の誕生日で満65歳になりますが、60歳からもらえた国民年金を65歳に なるまで延ば

解決済みの質問:

68歳の男性です。妻は今年の4月の誕生日で満65歳になりますが、60歳からもらえた国民年金を65歳に
なるまで延ばしていたようですが、この場合最大月いくらぐらいもらえるのでしょうか。
(一般的には月2万円程度と聞いていますが・・・・)
 ちなみに私は大卒後直ちに1部上場企業に会社員として勤め60歳で定年退職、妻はこの間外で働いたことが
無くずっと専業主婦でした。専業主婦が国民年金をいただけるための手続きは都度対応しています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.
回答させて頂きます。

奥様はずっと専業主婦でいらして厚生年金をつけて
働いた記録は無いという前提で大まかに試算を
させて 頂きます。
この前提であれば、奥様は昭和61年度までは
希望すれば任意で国民年金に加入できた。
61年度4月以降から法改正があり主婦の方も
全て加入が義務となり、扶養に入れる方は
三号被保険者として、ご主人の扶養ならば
支払っているものとみなされる事となった。
以上のうち前者の期間は年金を貰えるかどうかの
25年の判定には期間含められますが金額には
反映されません。
よって、
61年度以前に国民年金に任意加入していなければ
昭和61以降60歳までを20年とすれば×12ヶ月=240ヶ月÷480ヶ月×約79万円
395000円(ひと月は32000円位)と思われます。

もし、61年前に任意加入していた期間あれば
金額は増えます。
なお、国民年金は65歳で貰うのが通常計算による
満額支給で、それ以前に早めても貰えますが
ひと月早めるごと0、5%ずつ減額になり
逆に65歳で貰わずにひと月ずつ遅らせるごと
0、7%ずつ増額になります。

以上、大まかな計算ではございますが
お役に立てば幸いです。
beallears-srをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問