JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

始めまして、私は現在65歳で厚生年金の受給者です。また、健康保険は以前の会社に勤めていました健康保険組合の任意継続被

解決済みの質問:

始めまして、私は現在65歳で厚生年金の受給者です。また、健康保険は以前の会社に勤めていました健康保険組合の任意継 続被保険者です。
この度某県庁の企業庁に臨時職員として採用が決まりましたが、その採用にあたり社会保険に加入することが前提となっております。労働条件は1日7時間30分のフルタイムの勤務で土・日・祝には休みです。
質問いたします。
①現在は厚生年金支給及び健康保険にも加入しているので、新たに社会保険に加入し保険料を納めなければならないのでしょうか?
②もしも加入した場合、現在の厚生年金及び健康保険の取り扱いはどうなるのでしょうか。
以上よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.
回答させて頂きます。健康保険と厚生年金は一定の事業所と一定の従業員さんには強制加入にな ります。役所のフルタイムに近い非常勤職員という今回の条件であれば強制になると考えられますから任意継続より新たな雇用先の加入が優先となり健康保険加入、厚生年金にも加入し 、これらの保険料は役所での給料額によって定まります。今後の厚生年金部分の支給額は調整を受ける事になり、(計算がとても複雑なので大まかに申しますと)現在の厚生年金部分支給額のひと月分と役所での給料ひと月分の合計が46万円を超えますと、超えた分の半額分の金額が支給をストップされてしまいます。今後にお支払いされる厚生年金保険料は退職時に支払い分を再計算され退職後の年金支給額に反映されることになります。以上、長文となってしまいましたが少しでもお役に立てば幸いでございます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答有難うございました。

再質問です。

①現在私は厚生年金と厚生年金基金から年金を受給しておりますが、今度採用された企   業庁は1年契約です。年金は共済年金のようですが、この場合今後は共済年金のほうから支給されるのでしょうか?

 

②今後採用期間の1年が終了すると、厚生年金に戻り満額を受取ることが出来るのでしょうか?

専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

引き続き再度回答させて頂きます。

 

企業庁との契約が正職員と同様の本当のフルタイムで

共済に加入するのであればお話は変わります。

大変失礼致しました。

 

そうであれば、任意継続は共済組合に切り替わりまして、共済組合の保険料を

納めながら、年金は今のまま厚生年金と基金を全額受給することになります。

(共済組合に加入しながらの厚生年金受給の場合は、厚生年金受給金額の

調整はありません。)

 

そして、今後1年間納めていく共済組合の保険料は

1年後に企業庁を退職して共済組合から外れた際に

その間掛けていた共済組合保険料に見合った年金額分として再計算され

厚生年金と基金にさらにプラスされる事になります。

 

以上、ご参考になれば幸いでございます。

 

beallears-srをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問