JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 638
経験:  2006年CFPの資格取得
61975128
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

夫婦で年金生活をしています。夫婦ともに年齢は70歳です。夫の年金区分は法203-3の1号適用です。妻は法203-3の3号適用です。次のような場合、支払金額はどのように変化するのでし

解決済みの質問:

夫婦で年金生活をしています。夫婦ともに年齢は70歳です。夫の年金区分は法203-3の1号適用です。妻は法203-3の3号適用です。次のような場合、支払金額はどのように変化するのでしょうか。
  CASE-1 夫が死亡した際の妻の年金額
  CASE-2 妻が死亡した際の夫の年金額
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
ご主人様、奥様それぞれ老齢基礎年金だけでしょうか。
老齢基礎年金だけということであれば、どちらかが亡くなられた場合であっても、それまで受給されていた方の年金は支給されなくなります。

老齢基礎年金に併せて老齢厚生年金を受給している場合には、次のようになります。
CASE-1 夫が死亡した際の妻の年金額
報酬比例部分の年金額の4分の3が支給されます。

CASE-2 妻が死亡した際の夫の年金額
遺族年金は支給されません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
年金の種別は夫婦ともに”老齢基礎厚生”となっております。したがって、当初の回答が正しいと思いますが、再度確認いたします。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
これまで会社等で厚生年金に加入された期間はあるでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

夫は厚生年金のみで、加入期間は十分です。

妻は結婚前に僅かの期間ですが厚生年金に入っており、退職後および結婚後もしばらく国民年金を支払っていましたが、3号適用になってから国民年金保険料は支払っていません。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
そうすると老齢厚生年金の受給資格があるようですね。
この場合はご主人様の老齢厚生年金部分の4分の3をご自身の老齢基礎年金と併せて受給することが可能です。
takatsukasaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問