JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 638
経験:  2006年CFPの資格取得
61975128
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

今年7月で60歳になります。 裁定請求書をいつ提出したらよいですか? ファイザー製薬の加入員番号983 と

解決済みの質問:

今年7月で60歳になります。
裁定請求書をいつ提出したらよいですか?

ファイザー製薬の加入員番号983 と
伊藤忠連合厚生年金基金の加入番号24431 の2つあります。
しかも伊藤忠連合厚生年金基金の加入員証を紛失したようです。
厚生年金保険の記号番号はわかります。

現在、自分で会社を経営しています。
厚生年金に入っており、60歳の時点ではやめていません。
相談が多くてすみませんが、宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
ファイザー製薬と伊藤忠連合厚生年金とそれぞれ厚生年金(企業年金)基金に加入されていたということでしょうか。
基金については、一定の加入期間によって一時 金で受け取るか年金として受け取ることができるか決まります。そのため、年金として受け取ることができるのであれば、すぐに請求しましょう。
すでに一時金で受け取っているので年金を受け取ることができるかどうかよく分からないということであれば、それぞれの基金に問い合わせをされることをお勧めします。
一方厚生年金についてですが、受給資格を満たしているということであれば、今すぐ裁定請求をしましょう。
まだ厚生年金に加入中とのことですので、給与によって支給停止がかかることはあるかもしれません。
給与の額と年金の額による支給停止についてご不明な点がありましたら、こちらに問い合わせることもできます。
「ねんきんダイヤル」
0570-05-1165(ナビダイヤル)
050(一部)の電話、070の電話からおかけになる場合は03-6700-1165
受付時間 月~金曜日 8:30~17:15 ただし月曜日(休日明けの初日)は19:00まで
受付時間を延長 第2土曜日 9:30~16:00
※祝日、12月29日~1月3日はご利用いただけません。
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 638
経験: 2006年CFPの資格取得
takatsukasaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

今年で60歳ということであれば、受給資格を満たしていれば60歳前だいたい2~3か月前に請求書が届きますので、それで請求してください。60歳前は請求できません。(法律によって60歳到達時は誕生日の前日となっており ます)添付書類も個人個人によって変わってきます。配偶者がいらっしゃるなら、配偶者の記録を見て、ご本人様の記録と合わせて判断します。あくまでも60歳時点での個人の状況で判断をしますので、添付書類も60歳到達時のものが必要となります。在職停止となる場合もありますが、請求書を出すことは可能ですし、在職停止となっていても、まず公的年金から停止がかかり、そのあとに基金が停止になってきます。詳しいことは、やはり年金事務所の窓口でないと、記録を見た上で判断しないとわからないことが多いので、一度相談されたらいかがでしょうか?

企業年金も60歳から請求ができますが、受け付けは60歳前から受け付けるところもあるようです。基金によって対応はさまざまです。それぞれの基金に確認をしましょう。加入期間が短いと企業年金基金で預かっています。年金として受け取れるかは、基金によって計算したものをもらえるはずです。選択になっていることが多いようですよ。加入期間が短いと言って年金で受け取れないということはないはずです。

他の専門家が回答をしているようでしたので、どうしようかと思いましたが、間違いがあるようでしたので、回答をさせていただきました。承認は結構です。

保険・年金 についての関連する質問