JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 818
経験:  弁護士,税理士です。
60911264
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

私は現在サンフランシスコに在住しております。 友人達が、日本で働いていたときに厚生年金を 支払っていたのなら、年金

解決済みの質問:

私は現在サンフランシスコに在住しております。 友人達が、日本で働いていたときに厚生年金を
支払っていたのなら、年金がもらえると言い、いろいろしらべておりますが、 私の場合は、
厚生年金の番号もわかりません。 こういったときにはどこに問い合わせをすればよろしいのでしょうか?
にほんでの勤務は1963から7年ほど会社勤め(中央区築地)、あとの5年間はフリ ーランスでしたので、青空申告でした(新宿区四谷)現在70歳です。
私の場合はどこにお尋ね、または、申し込みをしたらよろしいのでしょうか?勤めていた地区の
区役所ですか?それとも現在日本に戻ったときの(千葉県野田市)最寄の市役所でもよいのでしょうか?
また、まず実際に年金がもらえるかどうかの問い合わせはどこにしたらよろしいのでしょうか?
ご多忙中申し訳けございませんが、よろしくお願いいたします         たえこ
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。はじめまして。

基本的には,厚生年金に限らず,年金保険料を一定期間納めていれば,現在どちらの国にいようとも,日本から年金を受給することが可能です。
また,日本とアメリカ合衆国との間では,「社会保障に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」(2005年)により,
1)アメリカ合衆国の年金制度の加入期間が1年6月(6クレジット)以上ある方が,日米両国の年金制度の加入期間を通算して(足して)10年以上になる場合は,アメリカ合衆国の年金制度から老齢年金を受けることができます。
2)日米両国の年金制度の加入期間を通算して25年以上になる場合は,日本の年金制度から老齢年金を受けることができます。

1)通算によるアメリカ合衆国の年金の申請
アメリカ合衆国内では、Social Security Administrationで行うことができます(日本側に年金加入期間の確認をした上で通算を行います)。また,日本国内においても,日本の年金事務所及び年金相談センターの窓口で申請を行うことができます。
2)通算による日本の年金の申請
アメリカ合衆国内では,Social Security Administrationで行うことができます。また日本国内において日本の年金事務所及び年金相談センターの窓口で申請を行うことができます。

まずは,日本年金機構の,ねんきんダイヤルにお電話なさって手続をお尋ね下さい。
「ねんきんダイヤル」
0570-05-1165(ナビダイヤル)
050(一部)の電話、070の電話からおかけになる場合は
03-6700-1165
受付時間月~金曜日8:30~17:15
ただし月曜日(休日明けの初日)は19:00まで受付時間を延長
第2土曜日9:30~16:00
※祝日、12月29日~1月3日はご利用いただけません。

下記ウェブサイト等をご参照下さい。
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 818
経験: 弁護士,税理士です。
bengoshimailmeをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答のなかで、 <日米25年以上の年金制度加入の場合は日本における老齢年金を

受けることが出来る>とかいてありますが、これは、日本での加入がわずかでも、加入期間の不足分を支払うことなく、適用となるのでしょうか?

またアメリカで、Social Securityもらっていても、日本で適用可能となりますか?

 

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
はい。
日米で通算25年以上の年金加入をなさっていれば,日本ではたとえば7年(厚生年金)+5年(国民年金)で12年であったり,7年間のみであったりしても,不足分の支払は不要なのですよ。

現在,アメリカで社会保障を受けられていても,(両方からの受給はできませんが)日本の年金を受給することができると解されます(この点の割合がどうなるか,という点に関しては,明日の月曜日以降に上記の日本の年金ダイヤルにお電話なさって下さい)。
専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

他の専門家が回答をされているので、余計なことと思ったのですが、一言だけ付け加えておきます。すでに時効にかかっている可能性がありますので、一刻も早く手続きをされたほうがよいと思います。

必要書類はかなり多くなりますので、年金ダイヤルではなく、年金事務所に電話をして(どこでも受け付けてくれますので)「実際に窓口担当をしている人」を指名してその方の指示のもと請求されたほうがよいと思いますよ。年金ダイヤルだと実際の受付をしていませんので、また年金事務所に電話することとなりますし、一人の方を決めればいちいち説明をする必要もなくなりますので。(年金ダイヤルでは年金の見込み額も出せません)

もし、日本に知人がいれば、その方に委任状を渡して請求手続きをしてもらうことも可能かと思います。

承認は不要です。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
ということを日本年金機構にお勤めだった方が教えて下さっているので,そのようになさって下さい。さすがにそこにいた方は違いますね。
(日本年金機構は,旧社会保険庁です)
というわけですので,下記をご覧の上,年金事務所にお電話なさって下さい
個人のお客様の年金相談は、全国どこの年金事務所でもお受けできます。
「年金相談においでになるときにお持ちいただきたいもの」などはこちらをご確認ください。上記回答中の,「委任状」は,こちらからダウンロードできます。
※委任状は特に定めた用紙はありません。本人の年金証書などに記載されている基礎年金番号と年金コード、住所、氏名、生年月日、委任する内容、委任される方の氏名、住所、本人との関係を記入し、本人の印鑑を押してください。 

保険・年金 についての関連する質問