JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tokyo-yukaに今すぐ質問する
tokyo-yuka
tokyo-yuka, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 30
経験:  4年生大学卒業日本年金機構職員を経て2010年開業。年金事務所相談員、街角年金相談センター相談員兼務。講師など。
62657605
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tokyo-yukaがオンラインで質問受付中

本年4月に満63歳になる男です。 現在は、病気にて傷病手当を受けていますが、職業安定所で、年金の話が出て 年金相

解決済みの質問:

本年4月に満63歳になる男です。
現在は、病気にて傷病手当を受けていますが、職業安定所で、年金の話が出て
年金相談センターで聞くと、私の場合、平成23年3月からほぼ満額支給されると聞きました。
問題は、「44年以上の加入期間」ですが、年金機構からはクリア出来る加入月数が書いてあり
ましたが、その内、6か月は「企業年金」です。これを除くと44年に満たないのですが
算入されるものなのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

企業年金とは、企業年金基金のことでしょうか?

企業年金基金は厚生年金と期間はかぶります。(あくまでも厚生ん金の上乗せです)

年金相談センターで確認をしてすでに満額支給されているはずとのことでしたら、44年間(528カ月)をすでにクリアされているのではないでしょうか?

年金機構から来る定期便等で、厚生年金の加入期間のみで528カ月を超えているなら、退職した翌月から老齢年金は満額支給されます。

私もずっと年金事務所の窓口相談をやっておりますが、企業年金という概念がわかりかねます。たぶん企業年金基金(厚生年金の上乗せ)のことをおっしゃっていらっしゃるのではないかと思われますが、それなら厚生年金の期間とかぶっておりますので、心配はありません。一度年金事務所の窓口に出向き、ご自身が長期加入者に当たるかどうか再度確認をされたらいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

有難う御座います。

私の記載した文が若干曖昧だったかも知れませんね。

私が加入していた「企業年金」とは、<企業年金連合会>という団体であり

「厚生年金基金」とは異なるものと思います。現に、既に60歳到達時から

自動的に受給出来ています。

 私が勤務していた企業は、保険会社(住友信託)との契約で、退職金の一部を

積み立てるものであり、企業負担を少なくする手段の一つです。

それを我々は「企業年金」と呼んでいましたが、厚労省がいう処の年金とは

無関係なものです。問題の企業年金は別の会社での事で、複数の「大企業」が

拠出し設立した団体なので、いわば、国や自治体の「共済」みたいなものでしょう?

 尚、質問そのものが、私の勘違い(計算間違い)で、上記の加入期間は

日本年金機構での算出加入期間には含まれていませんでした。

ですが、それでも、533ヶ月となります(一部抜け落ちがあったのですが

証明出来なく、年金相談センターでも調査してくれたのですが無理な様でした。)

ので、問題なく即時受給可能だそうです。(1月4日付で確認済)

 又、これらの件に関しては、このサイトのサポートセンターに通知し、

完全解約を申し出ておりますが、返答は未だ頂いておりません。

 

いずれにせよ、有難うございました。

 

専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

おっしゃっている意味がわかりました。

基金には企業独自のものと、いくつかの会社が集まって作ったものとがあります。私は、M銀行の確定拠出年金の部署にいたことがありますので、意味がわかりました。

企業が、拠出し、または加入者(個人負担分もありますが)が運用し、利益を出すようにし、退職金(いわゆる老後の資金としての)として福利厚生の意味で運営しているものですね。その分については、現役時代に拠出して運用をしているので、期間としてはもちろんプラスの期間ではありませんが、現役ではないと資金を出せないものなので、厚生年金の期間プラス企業年金の期間ではありません。

ただ、話の内容から長期加入者としての要件を満たされているので、安心して退職されてもよろしいかと思います。

また、体調が回復して働けるようになったとしたら、厚生年金に加入さえしなければ年金と労働した賃金両方すべて受け取ることができます。

今後のご多幸をお祈りしております。

専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

この質問に対して承認をお願いいたします。

こちらも貴重な朝の時間をさいて回答をしております。よろしくお願いいいたします。

ジャストアンサーには報告済みです。

tokyo-yukaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

追伸

 そちらのおっしゃることはわかりますが、お互いの立場に立って考えていただければ判断はできるはずだと思います。

私も、普通に仕事をしていまして、決して安い給料で仕事をしているわけではありません。質問者のお困りの質問に対して誠実に私の知っている知識を駆使して時間を割いてお答えしているつもりでおります。

お互いの立場に立って判断していただきたい思っております。

保険・年金 についての関連する質問