JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tokyo-yukaに今すぐ質問する
tokyo-yuka
tokyo-yuka, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 30
経験:  4年生大学卒業日本年金機構職員を経て2010年開業。年金事務所相談員、街角年金相談センター相談員兼務。講師など。
62657605
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tokyo-yukaがオンラインで質問受付中

先の会とありがとうございました。わたしの年番は1110-422475です。厚生期間374月です。満額の在職老齢年金を

解決済みの質問:

先の会と ありがとうございました。わたしの年番は1110-422475です。厚生期間374月です。満額の在職老齢年金を頂くには、いくらの月給にしたら良いのでしょうか。153000円を勤め先は考えられています。そして家内は現在61歳(昭和25年3月31日)です。そこでいくつか質問です。現在44万円の月給です。加給年金がいくらもらえるでしょうか。いつまで出るでしょうか。年金停止率とは南ですか。わたしには適応されますか。 
 手続きは自分でするのでしょうか。職場がしてくれるのでしょうか。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

基礎年金番号を通知していただきましたが、委任状がないと実際の記録は見れません。個人情報の関係でいまは相当厳しくなっていますので。

今の情報から判断をすると、定額発生時は64歳になり、誕生月の翌月から配偶者加給金がつく可能性があります。(ただし、奥様が短期加入<厚生年金が240カ月以内>という条件があります)収入要件はパートのようですので、不動産収入などない限り大丈夫でしょう。今年の計算で、配偶者加 給金は年額39万4500円だったと記憶しております。その金額は、奥様が65歳になるまでつき、奥様が65歳になると奥様の年齢に応じて振替加算という形で移行されます。ただし、金額は若くなれば若くなるほど安くなります。これは昭和61年4月までサラリーマンの妻は国民年金が任意加入だったための救済措置のためです。奥様の年齢ですと、88,000円くらい(毎年変わりますので)が、奥様の年金として加算されます。ただし、年金が全額支給停止されていると支給されません。手続きとしては、年金を請求されているとき、戸籍謄本、住民票、奥様の源泉か課税証明書を提出しているなら、自動的に加算されます。定額発生時に今の年金額よりは増えるはずです。そして65歳時にまた少し増えることとなります。(定額発生が64歳の方は定額発生時の年金と65歳の年金額とはそれほど変わらないと思います)

過去1年間のボーナスがないとして、交通費も含めて16万円の標準報酬月額なら在職停止がかからない計算になりますので、会社が計算したのでしょう。

手続きは会社がします。ただ、随時改定となると、給料が下がって3ヶ月間は以前のままで計算をされます。4ヶ月後に改定になるので、しばらく年金も出ず、給料も下がりで苦しいかもしれません。また、高年齢継続給付は手続きをしたほうがよいと思います。年金は最高6パーセント調整されますが、手続きをすることによって補てんが受けられます。それも会社での手続きとなりますので、必ず申し出しましょう。

tokyo-yukaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました。大分理解できました。追加質問ですが、高年齢雇用基本給付金に付いて、44万円が153000円に減給した場合、いくらハローワークかから支給してくれるのでしょうか。その計算方法を教えて下さい。私の場合はいくら支給してくれるのでしょうか。そもそももらえるのでしょうか。年金が満額になったときの額が126.375円だそうです。それに高年齢雇用基本給付金が足されて受けられるでしょうか。厚生期間374月です。
専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

高年齢継続給付金は、60歳以上65歳未満の各月の賃金が60歳時点の賃金の61%以下に低下した場合は、各月の賃金の15%相当額となり、60歳時点の賃金の61%超75%未満に低下した場合は、その低下率に応じて、各月の賃金の15%相当額未満の額となります。(各月の賃金が344,209円を超える場合は支給されません。(この額は毎年8月1日に変更されます。) )この計算方法で算出すると、22,950円ですね。けれども、残業が増えたりしてお給料が増えたりすると、月によって変動します。また、反対に年金が最高6パーセント調整されてくるので、(あくまで最高です)高年齢継続給付は請求すればお得です。もちろん年金プラス高年齢雇用継続給付金が支給されます。ただ、気をつけておかないといけないことは、高年齢雇用継続給付が実際に支給されたときには、年金事務所に届け出ておくことが必要です。実際に退職をされたとき、届出(583号といいます)をしておかないと、年金が支給停止されてしまいます。よくこの届出漏れをして年金が停止されあわてる方をお見かけします。詳しくは年金事務所に電話して確認をすると良いでしょう。

tokyo-yukaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問