JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tokyo-yukaに今すぐ質問する
tokyo-yuka
tokyo-yuka, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 30
経験:  4年生大学卒業日本年金機構職員を経て2010年開業。年金事務所相談員、街角年金相談センター相談員兼務。講師など。
62657605
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tokyo-yukaがオンラインで質問受付中

35歳女:主婦 海外移住期間 9年2ヶ月。先月(H23,11月)日本に帰国。 会社勤めは1度もなく、年金を納めてい

質問者の質問

35歳女:主婦 海外移住期間 9年2ヶ月。先月(H23,11月)日本に帰国。
会社勤めは1度もなく、年金を納めていなかった為、日本を出る際、東京都内の区役所で海外へ転出手続きのみ行い、年金控除の手続きはしておりません。

主人:32歳 成人前からずっと海外に移住。H23.11月~日本で会社員として勤務を始めました。
ただ海外転居の手続きはしておら ず、実家に住民票があったため、いままでずっと、実家に年金納付書が送られてきていたようです。年金の支払いは1度もしておらず未納になってます。

主人の給与明細を見ると、厚生年金は差し引かれているようですが、国民年金は差し引きされていないようです
。国民年金は別に支払っていくものですか? また私も別途、年金を支払っていったほうがいいものなのでしょうか?

海外にいた期間は年金の免除があると聞きましたが、私と主人はこの免除を受けることができますか?年金についてよく理解できていません。現状でのベストな必要な手続きを教えて頂けないでしょうか?また、支払いを開始した際、将来の年金受け取り額はいくらになりますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

海外に転居しているときは、カラ期間として計算をされます。ただ、年金額には反映されません。年金請求の際には、パスポート提出か、または海外に転居していた、区役所の証明書、海外で移住していた場所で証明が必要となります。ただ、カラとしてしか使えないので、実際に国民年金に加入していなければ年金にはなりません。

ご主人の会社で3号の手続きが取れると思いますので、会社に申し出をしましょう。(収入が少なければですが)

国民年金と厚生年金は同時に払うことはできません。年金事務所に申し出て、国民年金喪失の手続きをしましょう。

年金額はまだ若いので、変わっていくことでしょう。今の時点では、満額の国民年金の78万円強の年金額は受けられないと思います。ただ、65歳までは国民年金は任意加入ができ、また厚生年金は70歳まで支払いができます。

また、余裕があるなら、来年の秋までに過去10年分の国民年金の支払いができる法律が施行しますので、払っておく方法もあります。

質問者: 返答済み 5 年 前.

日本に帰国後、都の区役所で転入手続きをしたところ、これからの年金の納付書が届きましが、主人の会社には、主人の扶養として、手続きを行っていただきました。

 

既婚者の場合、給与から引かれる厚生年金は、一人分ですか?それとも、二人分ですか?私の分も上乗せされ、天引きされているのであれば、国民年金喪失の手続きをしないといけないですよね? 

専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

ご主人の厚生年金から二人分の保険料がひかれているわけではありません。3号の保険料は、国民全員が負担しています。みなさん勘違いをされているところであり、これも3号に対しての世の中の不満の一つになっています。つまり、3号は保険料を一切納めず、年金は国民年金を払った金額がもらえるシステムです。

つまり、3号の手続きをしたのなら、国民年金は支払わなくて構いません。区役所に3号の届出をしたことを申し出しましょう。そうしたら、納付書は届かなくなるはずです。

tokyo-yukaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問