JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 638
経験:  2006年CFPの資格取得
61975128
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

社会保険料についての質問です 月の標準報酬料を30万円とし社会保険料 43,967円(健康保険料 14,760円

解決済みの質問:

社会保険料についての質問です
月の標準報酬料を30万円とし社会保険料 43,967円(健康保 険料 14,760円 介護 2,214円
厚生年金 26,993円)を請求されています
この月の報酬は7日勤務し76,000円でした この年の収入これだけです
報酬に対する社会保険料は1.1万円程度ですが、標準報酬料より4.4万円を請求されています
標準報酬料と実際の報酬との大幅な差があります また 7.6万円の内4.4万円を社会保険料として
支払う不合理は納得できません

御回答よろしくお願いします
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  takatsukasa 返答済み 6 年 前.

ご質問内容から詳細は分かりませんのでこれは想像ですが。

 

健康保険、厚生年金などの保険料は、被保険者の資格を取得した月から月単位で収めます。
また保険料は給料の額によって毎月変わるものではなく、本来の給料の額を標準報酬にあてはめて計算されます。
そのため、入社月が日割り計算によって支給額が少ない場合であっても1カ月分の保険料を支払わなければなりません。

 

また、社会保険料は、翌月徴収や当月徴収の会社があります。
あなたが中途入社であり、その月の給料が日割り計算で支給されたので本来の給料の額には満たないが
社会保険料については当月徴収のため1カ月分の徴収となったためだと思います。

質問者: 返答済み 6 年 前.

実際の報酬と標準報酬と大幅に相違する場合の救済処置はありませんか、回答票を返送するとか、

私の場合勤務は当月7日のみで翌月は退職しています

給与76000円の内44000円を社会保険料として
支払う不合理を解消する方法があるのでしょうか、あれば教えてください

よろしくお願いします、

専門家:  takatsukasa 返答済み 6 年 前.

ご期待に添えず残念ですが、裏技的なものはありません。

社会保険料は、同じ月に加入、喪失しても(極端な話ですが1日だけであっても)1カ月分の保険料を支払わなければなりません。

takatsukasaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問