JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 638
経験:  2006年CFPの資格取得
61975128
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

現在夫の家業(不動産貸す)の役員で、月に6万円の報酬があります。今月からパートで時給900円、月に80~90時間働く

解決済みの質問:

現在夫の家業(不動産貸す)の役員で、月に6万円の報酬があります。今月からパートで時給900円、月に80~90時間働くことになっ たのですが、保険は自分で国民年金に入ることになるのでしょうか?それともパート先での社会保険加入の手続きをしなければならないのでしょうか?(それまでは夫は公務員で、私はその扶養家族として保険に入っています)
 もし、私自身が保険加入するとなれば、月々いくらぐらいでしょうか?世間でいう働き損?のゾーンでしょうか?
よく分かっておらず、申し訳ないのですが、教えていただけるとありがたいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

詳細について教えて下さい。

1.現在夫の家業(不動産貸す)の役員で、月に6万円の報酬があると言うのは、非常勤役員ということでしょうか。1日何時間、週何日か働かれているのでしょうか。

2.役員をされている会社で社会保険には加入されてないということでしょうか。

3.それ以外に今月からパートとして働かれるということでしょうか。

4.パートとしてはおおよそ、1日何時間、週何日くらい働かれるのでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速お返事ありがとうございます。

補足として、

 

1.非常勤役員です。(ほとんど名義のみです)

2.加入していません。(夫職場のの保険です)

3.はい。それ以外として、今月からパート勤務です。

4.パートとしては、シフト勤務で、今月は一日8.5時間が月に6回、4時間が8回ですが、

  来月からはトータルで80時間から90時間を勤務する予定です。

 

ご回答の程、よろしくお願いいたします。

 

 

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

パート社員が社会保険に入る基準はおおよそ次の2つを満たしている場合です。
1.1日または1週間の労働時間が正社員の4分の3以上
2.1ヵ月の労働日数が正社員の4分の3以上

 

月80時間から90時間であれば、パート先では社会保険に入る必要はないと思います。

 

またご主人様の扶養となるかどうかを年収で判断しますが、その基準は130万円未満であれば扶養となります。
時給900円で月90時間働くと年間でも972000円となります。

 

非常勤役員報酬が年72万円であれば、

合計169万円となります。

 

そのためご主人様の扶養に入ることができなくなります。

この場合国民健康保険、国民年金に加入することになります。

 

保険料ですが、国民年金は毎年上がっています。

今年は月額15,020円になります。

 

健康保険料は、市区町村ごとで計算されるた役所の国民健康保険課へお問い合わせください。

家業の方で社会保険に入れるならそれをお勧めします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

 保険料を払って、おまけに主人の職場からの扶養手当15000円ももらえなくなるので、

年間360,240円の新たな支出と税金も増えてしまうのですよね。。。

 時間数など、なんとかしてもらうように交渉してみます。

それ以外に手立てなど、もしあれば、教えていただけますか?

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

考え方は2通りあります。

1つは、パートの収入を抑えて、ご主人様の扶養の範囲となることです。年収100万円以下となるように働けば、所得税、住民税もかかりません。

 

もう1つは、パートで働く時間を増やして、会社の社会保険に加入することです。

社会保険に加入すれば、保険料はかかりますが、国民年金に併せて厚生年金にも加入するため、将来の年金額の増加や障害や死亡など万が一の際の保障が暑くなります。

もちろんご主人様の扶養手当がもらえなくなるのであれば、その分を上回るように働く必要がありますが。

 

takatsukasaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問