JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

追加です

質問者の質問

先ほど質問をしたものです。
もう少し詳しく… とありましたが、何を詳しく入力したらいいのかわからず、先にページを進めてしまいました。何を詳しくお知らせしたらいいですか?
すみません。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 6 年 前.

先ほど、扶養等の働き方についてというご質問を拝見し

ただいま回答させていただきましたが、どなたか他の専門家の方と

やりとりの途中だったのでしょうか?それであれば削除させていただきますが・・・

 

1、「社会保険(健康保険・厚生年金)の扶養に入る」ことと

2、「税金の配偶者控除・配偶者特別控除・扶養控除を受けること」は

全く別の物になります。ややこしいので皆様がよく気にされる内容と思います。

 

すごく簡単にご説明させていただきますと

 

1は、奥様の一定の収入以下だと(年収が130万円未満となっています)

ご主人の健康保険と厚生年金に扶養として

一緒に入れることになるので、

健康保険料を負担せずに健康保険が使えますし、

年金も国民年金保険料を納めなくて良いのに国民年金の保険料を納めているものと

みなされるというものです。

扶養に入れるかどうかは年金事務所の判断になります。

 

2は、奥様が一定の収入以下だと(年収103万円以下となっています)

年末調整や確定申告で、ご主人の納める税金が安くなるというもの。

こちらは控除の対象になるかどうかは税務署の判断となっています。

 

1と2の2つは連動しているわけではありません。

 

ですので、

1ヶ月85,000円(103万円÷12ヶ月)程度までで稼ぎを止めておけば

税金上有利になることに加えて、社会保険の扶養にも入れるということになり

1ヶ月85,000円以上は稼いでしまったものの

108,000円(130万円÷12ヶ月)程度までで稼ぎを止めておけば

税金上有利になることはありませんが、社会保険の扶養には入っていられる

という事になります。

※いずれもボーナスがあれば金額に含めることになりますのでご注意下さい。

 

なお、社会保険(健康保険・厚生年金)の扶養は

ご主人がサラリーマンや公務員等のときに適用されるものなので

もし、ご主人が自営業などであって国民健康保険・国民年金の方だと

適用はありませんのでご注意下さい。

 

以上、お役に立てば幸いです。

質問者: 返答済み 6 年 前.
主人の扶養から外れて、130 万円を越して働いた場合、我が家からの支出はかなり増えますか?
扶養控除がなくなれば主人の所得税も増えるでしょうし、私も個人で税金を支払うことになったり、保険、市県民税等の支払いもありますよね…
私もよくわからないのですが、働くだけ損することもあると聞くので。どの程度働いたら損ではなくなるのでしょうか?

来年から扶養控除の額が減ると聞きました。来年は高校生2人なので76 万円ですよね ?私が抜けたらの話ですが…

主人の年収からの税金なども絡め、いろいろお尋ねしたいのですが、わたしもメールで説明するのが難しいです。上記のようでは意味がわかりませんか?


保険・年金 についての関連する質問