JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

60 341 65

解決済みの質問:

お願いいたします。
60歳のときに年金を試算してもらいました。
厚生年金の加入期間は341月で65才時の支給額は2532900円です。
その後も働いていますが、厚生年季の支払いは月額50877円です。
65歳で仕事を辞めるつもりですが、5年間の追加再計算で増額される額はどの位になるのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

回答させていただきます。

なるべく分かりやすく、と思っておりますので宜しくお願いします。

 

現在、60歳以降もお仕事をされており、65歳に退職を予定されているので

その5年間の勤務で納めた厚生年金保険料が結局のところ

65歳以降に受け取る厚生年金で、いくらとなって反映されるのか?

という事と思いますが、

 

現在、月額50,877円を、厚生年金保険料の従業員負担分として給与から

控除されていらっしゃると思うのですが、そうすると、標準報酬月額は

30等級の62万円と推測されます。(ひとまず賞与額は不明なので考慮しません)

 

厚生年金の報酬比例部分の計算式に当てはめると

62万円×5.481/1000×60歳以降~退職予定の65歳までの被保険者期間の月数(仮に60ヶ月として)=203,893円 となりますので、1ヶ月にすると約17,000円増加する計算になります。

 

以上、等級は保険料から推測したもので、60歳以降5年間在籍し 、賞与を考慮しない場合のざっくりとした計算(原則)になります。

 

長文になってしまいましたが、お役に立てば幸いです。

 

 

beallears-srをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問