JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tokyo-yukaに今すぐ質問する
tokyo-yuka
tokyo-yuka, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 30
経験:  4年生大学卒業日本年金機構職員を経て2010年開業。年金事務所相談員、街角年金相談センター相談員兼務。講師など。
62657605
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
tokyo-yukaがオンラインで質問受付中

9

解決済みの質問:

社会保険労務士様

質問が不正確でした。
正しくは、1999年(平成11年)12月に1日に慶応病院で今度再発したら統合失調症といわれていました。平成12年8月慈雲堂で統合失調症と言われました。
初診日は1999年(平成11年)12月に1日だと思います。
平成8年5月16日(20歳)に国民年金の資格
平成10年12月分から平成12年三月分までを平成13年の1月から3月に支払う。平成12年4月から平成14年3月までの24ヶ月は学生免除。
平成14年4月から現在まで年金の支払いをしています。

平成8年5月16日から平成10年11月分までを平成13年の1月から3月に支払っていれば資格が取得できたと言われているようです。今から支払ったのでは駄目でしょうか。
以上よろしくお願いします。

稲垣 仁義
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  tokyo-yuka 返答済み 5 年 前.

話の内容から、障害者年金の請求はできないと思われます。

障害者年金の請求ができるのは、あくまでも20歳から初診日の前前月までに払い込みをしなければいけない保険料の3分の2以上納めているか、現在は特例で、初診日の前前月までの1年間に未納がないこと(それも一度も遅延がないこと)が条件となっております。

初診日を動かすことはできません。また、病気になってから保険料を支払うというように、後から納付するということもできません。それなら、だれでも後から納付して障害者年金を請求できるということになりますから。

tokyo-yukaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問