JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, ファイナンシャルプランナー、CFP
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 638
経験:  2006年CFPの資格取得
61975128
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

何らかの慢性疾患(精神的なものも含め)となった場合、労災であるかどうか。 休職となった場合、その後の生活の保障は(

質問者の質問

何らかの慢性疾患(精神的なものも含め)となった場合、労災であるかどうか。
休職となった場合、その後の生活の保障は(無給となる)はどうなるのでしょうか。
辞職しなければならないのでしょうか。または、首なのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
業務上の病気やケガの場合には、労災からの支給となります。
業務外の病気やケガにより休職になった場合には、社会保険に加入している時には、健康保険から傷病手当金がおおよそ給料3分の2が最長1年6ケ月支給となります。
会社の就業規則に休職の規程が無い時には、労務を提供できないと言う事で、退職となることもあるでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

そうですか。

病気があるという理由で休職することは可能なんですね。

労災というのは金額の設定があるんですか?裁判が発生するんでしょうか。

または示談?

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
労災の場合には、平均賃金の6割を休業補償給付+特別支給金2割の計8割が支給されます。労災の認定には、労働基準監督署へ上記給付の申請書を提出し認められたら支給となります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

労災は復帰できるまでの期限が必要ですね。復帰できなかったら?

 

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
療養開始後1年6ヶ月を経過した日、またはその日以後に下の要件に該当するときは、傷病補償年金が休業補償給付に変わって支給されることになります。
(1)その負傷または疾病が治っていないこと
(2)その負傷または疾病による障害の程度が傷病等級表の障害等級(第1級から第3級)に該当すること
takatsukasaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

傷病補償年金は相応の値段なのでしょうか?

労災というのは定義がはっきりしたものですか?

勤務時間とか、そういう意味で。何時間とか。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
傷病補償年金は障害等級によって変わります。最も重い1級の場合、給付基礎日額の313日分が年金として支給されます。
労災の定義は具体的なものはなく、業務と関連性があるかどうかによって変わってきます。例えば長時間残業の結果ということであれば、月80~100時間の残業している時に認められるケースが多く見受けられるます。

保険・年金 についての関連する質問