JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonno-fpに今すぐ質問する
bonno-fp
bonno-fp, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 39
経験:  ファイナンシャルプランナーCFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャル・プラニング技能士(資産設計提案業務)
60089769
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
bonno-fpがオンラインで質問受付中

63

解決済みの質問:

私は63歳でリンパ腫のため骨髄移植を受けようとしています。リスクが非常に高いため万一のケース厚生年金がどうなるか知りたいと思いまして相談した次第です。妻は61歳結婚後専業主婦です。
現在年金は比例報酬部分で172万受けとおており64歳から定額部分75万受け取り予定です。
そこで妻が私の年金を選択した場合妻はいくらもらえることになるのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  bonno-fp 返答済み 6 年 前.

質問をご投稿いただき、ありがとうございます。
回答させていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

1.ご質問者が(63歳なので、昭和23年4月1日~昭和24年4月1日生れとさせていただきます)ご健在の場合のご質問者の年金額は。

・64歳以降、奥様が65歳になられるまでは

比例報酬部分172万円+定額部分75万円+加算金(奥様65歳まで)39.6万円=286.6万円

・奥様65歳以降のご質問者の年金額は

比例報酬部分172万円+定額部分75万円=247万円

・その場合の奥様の年金額は

国民年金78.89万円(平成23年度)×(加入年数/480)+振替加算金9.47万円

 

2.ご質問者が万一の場合の奥様の年金額は

・奥様65歳になられるまでは

遺族厚生年金129万円(比例報酬部分172万円×3/4)+遺族厚生年金加算金59.42万円=188.42万円

・奥様65歳以降の年金額は

遺族厚生年金129万円(比例報酬部分172万円×3/4)+奥様ご自身のの年金額

・奥様ご自身の年金額は

国民年金78.89万円(平成23年度)×(加入年数/480)+振替加算金9.47万円(ご質問者の加算額が支給されている場合に限る)

 

ご主人のお生まれが昭和22年4月2日~昭和23年4月1日の場合は、振替加算金が10.03万円になります。

 

bonno-fpをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問