JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonno-fpに今すぐ質問する
bonno-fp
bonno-fp, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 39
経験:  ファイナンシャルプランナーCFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャル・プラニング技能士(資産設計提案業務)
60089769
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
bonno-fpがオンラインで質問受付中

来年の夏,この年でアメリカ人と結婚します。現在まで23年9ヶ月働き,年金も払っています。25年以上支払わないと年金は

質問者の質問

来年の夏,この年でアメリカ人と結婚します。現在まで23年9ヶ月働き,年金も払っています。25年以上支払わないと年金はもらえないと聞いています。あと1年半,働こうかと思っていますが,それでも数ヶ月たりません。どうしたらもらえるようになるでしょうか?それとも,アメリカにいては年金はもらえないのでしょうか?教えてください。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  bonno-fp 返答済み 6 年 前.

質問をご投稿いただき、ありがとうございます。
回答させていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

【方法1】 アメリカで年金に加入される場合

「日米社会保険協定」が平成17年に締結されています。
■  アメリカの年金加入期間を通算して日本の年金を受ける場合には、アメリカの年金加入期間を日本の年金制度に加入していたものとみなして取り扱います。
老齢年金の場合には、加入期間が25年以上必要という条件(期間要件)を満たしているかを判断するときに、アメリカの年金加入期間を通算できます。

 

【方法2】 海外在留期間は国民年金に任意加入できます。 

渡航される前に、市町村役場の国民年金窓口で任意加入の手続きをされて、「加入期間25年の要件」がクリアされるまで任意加入を続けられる。

※海外在住後に国民年金に任意加入する場合は、基本的には国内にいる親族に手続をしてもらわなくてはなりませんので、手続きが多少面倒になります。

 

上記いずれかの方法で対処されると、今までの国民年金掛け金を無駄にされることはないと思います。

 

 

 

保険・年金 についての関連する質問