JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonno-fpに今すぐ質問する
bonno-fp
bonno-fp, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 39
経験:  ファイナンシャルプランナーCFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャル・プラニング技能士(資産設計提案業務)
60089769
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
bonno-fpがオンラインで質問受付中

64 58 (65

解決済みの質問:

無職の64歳の夫と共に暮らす58歳の妻が、現在国民年金に加入していますが、年金支給開始年齢(65歳)以前に、自分の年金の前倒し給付ではなく、別途申請することでプラスアルファでもらえる年金制度があるのでしょうか?社会保険事務所は聞かれなければ教えないような制度があるらしいと知人から聞いたのですが、詳細ははっきりとは判っていないので、そのような制度があるのであれば教えてください。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  bonno-fp 返答済み 6 年 前.

質問をご投稿いただき、ありがとうございます。
回答させていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

58歳の国民年金加入者が受給する年金を増額するには3つの方法があります。

【方法1】 国民年金の受給額が満額でない方は(加入期間40年に満たない方)、国民年金加入の原則は加入期間40年で60歳迄ですが、特例で年金額を増やすために最長65歳まで国民年金に加入することが出来ます。
【方法2】 付加年金に加入する。掛け金は月額400円で年金額が月額200円加算されます。これも原則60歳迄ですが、国民年金に延長して加入する場合は付加年金も延長出来ます。 仮に1年間付加年金加入された場合、掛金合計が4,800円で年間の年金加算額は2,400円になります。(2年間受給で累計4,800円、その年以降の受給額が得になります。) 

※国民年金の各種申請の窓口は、お住まいの市町村役場の国民年金窓口になります。

 

【方法3】 国民年金加入者には、60歳まで国民年金基金に加入して年金額を増額するという方法がありますが、現在58歳のご質問者の場合、加入されても支払った掛金に対して受給額が増額される利点がないので考慮外です。

 

以上、お役にたてれば幸いに思います。

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

返答が遅くなり、申し訳ありません。

質問の方向がちょっと変わりますが、夫が年金受給年齢に達していて、妻の年齢がそれなりに離れていて年齢未達の場合に、年金受給者側から個別に申請することにより、条件によっては配偶者加算が受けられるような制度というものはありますでしょうか?お手数をかけますが、宜しくお願いいたします。

専門家:  bonno-fp 返答済み 6 年 前.

ご質問の、「年金受給者側から個別に申請することにより加算されるという制度」はないと思いますが、

夫の厚生年金加入期間が20年(40歳以降15年)以上ある方は、妻が65歳になるまでの間、一定の条件を満たせば「加給年金を支給する制度」はあります。

特別支給の老齢厚生年金の定額部分がもらえる人は、定額部分の支給開始と同時に加算されます。

質問者: 返答済み 6 年 前.
夫の厚生年金加入期間は、全年齢で20年以上又は40歳以上の期間が15年以上でOKでしょうか?また妻の一定の条件とはどういう内容でしょうか?厚労省又は社保庁のホームページのどこかに載っていますでしょうか?お手数ですが宜しくお願いいたします。
専門家:  bonno-fp 返答済み 6 年 前.

【夫の厚生年金加入期間について】

夫の厚生年金の加入期間が原則20年以上 が原則です。(40歳以降15年は特例で、今回は考慮できません)

【一定の条件】

①妻や子とは生計維持関係にある

②妻は65歳未満

③妻の年収が850万円未満

④妻の厚生年金加入期間は原則20年未満

⑤夫の年金は1階部分(定額部分)が支給されている

専門家:  bonno-fp 返答済み 6 年 前.

補足説明です。

【厚生年金加入期間40歳以降15年~特例について】

20年以上の厚生年金加入がなくとも男性40歳以上の期間において、下記の年数があれば加給年金が付きます。

・昭和22年 4月 1日以前生まれ 中高齢加入年数15年

・昭和22年 4月 2日~昭和23年 4月 1日生れ 中高齢加入年数16年

・昭和23年 4月 2日~昭和24年 4月 1日生れ 中高齢加入年数17年

【年金についての公式サイト】

日本年金機構のサイトに接続されれば掲載されています。

http://www.nenkin.go.jp/

質問者: 返答済み 6 年 前.
ご回答有り難うございました。妻の厚生年金加入期間には、第3号被保険者期間も含めてということで宜しいですか?
質問者: 返答済み 6 年 前.

妻の厚生年金加入期間は、1号として約7年間、3号として約19年間となっています。合計26年となりますね?加給年金は社会保険事務所が自動的に夫の1階部分の支給開始時に手配されるものでしょうか?又は支給され得る場合に、年金加入者本人が申請する必要があるのでしょうか?いつまでもお手数をおかけし申し訳ありません。

専門家:  bonno-fp 返答済み 6 年 前.

専業主婦が厚生年金の3号被保険者に該当します。

奥様の厚生年金加入期間は1号被保険者期間の7年間となり。(20年以内)

「⑤夫の年金は1階部分(定額部分)が支給されている 」に該当する場合、社会保険事務所で手続きされるのが一般的です。

もし、上記で説明した内容を確認されてもご不信が残る場合は、社会保険事務所にお問合せされることをお勧めします。

ご夫妻の年金手帳と身分証明(免許証)はご用意ください。




bonno-fpをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問