JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
FP-Saitamaに今すぐ質問する
FP-Saitama
FP-Saitama, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 2
経験:  独立系ファイナンシャルプランナーです。
62045265
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
FP-Saitamaがオンラインで質問受付中

23 63 24 44

解決済みの質問:

私、昭和23年生まれの63才の男性です。以下の履歴で平成24年に年金をいくら頂けるのか知りたいと思います
昭和44年3月から厚生年金、実期間381ヶ月、平均標準報酬額369,237円
平成15年から厚生年金、実期間55ヶ月、平均標準報酬額、251,979円
この時点で厚生年金の報酬部分を、年額1,152,700円支給されています。
それ以降 、平成19年2月から国民年金(付加年金付)を17ヶ月かけ、
平成21年7月からパート従業員で厚生年金を実期間25ヶ月、平均標準報酬額110,000円を現在支払っています
昭和24年2月に基礎年金も含めていくら支給されますか教えてください。
また、配偶者(妻)が現在扶養となっております、(現在60才)この場合平成24年2月から加給年金も支給されますか、教えて頂きたいと思い質問いたしました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  FP-Saitama 返答済み 5 年 前.

定額部分は厚生年金の加入月で考えます。ですので,平成19年2月からの国民年金の加入は65歳からの老齢基礎年金に算入されますが,定額部分には反映されません。また,現在厚生年金に加入されているということですが,退職し1ヵ月経たなければ年金額に反映されません。ただし,65歳の時点では必ず反映されます。

ですので定額部分は,1676円×1.000×436×0.981=716.852円(年額,端数処理前,税引前)になると思われます。

また,加給年金ですが,ご主人の厚生年金の被保険者期間が20年以上ありますし,奥様が生計維持関係にある65歳未満の方ですので,ご主人が定額部分を受け取れる時から加給年金がもらえます。加給年金額は394,500円です。

すると,報酬比例部分の1,152,700円と716,852円と394,500円の合計(2,264,100円)が支給額となりますが,数値は平成23年度のものです。

FP-Saitamaをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問