JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rumi4に今すぐ質問する
rumi4
rumi4, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1
経験:  行政書士でもあります。 中央大学卒 東京女子大学卒
61993101
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
rumi4がオンラインで質問受付中

64 2 20

解決済みの質問:

現在64歳、2級の障害者です。障害認定が20未満の時で、障害基礎年金は受給しておりません。現在、共済年金を受給中ですが、障害基礎年金の受給は可能でしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  rumi4 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

2級の障害者とのことですが、これは、障害者手帳の等級でしょうか。何の障害か書かれていないので、わからないですが、手帳と年金とでは、等級が違います。例えば心臓ペースメーカーを付けている方は、手帳では1級とのことですが、年金のほうでは3級が原則です(かなり症状が悪い方だと、2級の可能性もなきにしもあらずですが)。

それと20歳前障害による障害基礎年金は、認定日請求と事後重症請求という2つの方法がありますが、認定日請求は、20歳の時の診断書を要求されます(正確には、20歳前後3ヶ月以内の診断書)。そのために、年をとってからでは、診断書が用意できないということで、事後重症請求を選択される方がとても多いです。

認定日請求ですと、認定日から障害基礎年金が支給されるのですが、5年の時効があって、直近5年分しか出ません。

事後重症請求ですと、診断書など一式をそろえて、年金事務所で受け付けた月以降の支給になるので、それ以前の年金が支給されません。そのうえ、65歳に達する前日、すなわち65歳の誕生日の前々日までに、診断書等をもっていき年金事務所で受け付けてもらわないといけません。

これらは、すべて、年金納付要件、障害状態要件が必要ですので、障害の軽い人ですと、書類をすべてそろえても、不支給の結果が来ることもあります。

年金はご夫婦単位で考えたほうがいい場合もありますので、これらを念頭において、障害の程度など、お話になって、一度年金事務所で、相談してみると、よろしいかと存じます。
rumi4をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問