JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 343
経験:  業務経験23年の開業社会保険労務士です。
61543350
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

妻が4月に70歳になって国民健康保険高齢受給者として、5月から一部負担金の割合「2割(H24.3.31まで1割)」の

解決済みの質問:

妻が4月に70歳になって国民健康保険高齢受給者として、5月から一部負担金の割合「2割(H24.3.31まで1割)」の受給者証が送られてきて喜びました。処が、夫である私が8月70歳になって9月より「現 役並み所得がある世帯として3割」の高齢受給者証が交付され、かつ再判定の結果、妻の一部負担割合も「3割になる」として新たな受給者証が送られてきました。
そこで質問があります。
1.現役並み所得がある夫が70歳未満の場合、先に70歳になった妻(小額年金所得のみ)は「2割(H24.3.31まで一割」の受給権利を、夫が70歳になるまで受けられるのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

同一世帯のどちらかに年収145万円を越える人がいると、現役世代並みの収入と判断されるようです。新しい受給者証が送られてきたと言うことは、もう3割の扱いと言うことなのでしょう。

さて、対処方法ですが、世帯の分離をしてみたらどうでしょう。奥さんには低額の収入しか無いはずですから、また2割にもどるのではないかと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

質問は、妻の高齢受給者一部負担割合「2割」の権利は、世帯主の夫が70歳到達まで「2割」の権利を得続けることができるのかということです。

ついでに、妻が息子(世帯主)の被保険者となった場合、「2割」の権利を受けられますか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

質問は、妻の高齢受給者一部負担割合「2割」の権利は、世帯主の夫が70歳到達まで「2割」の権利を得続けることができるのかということです。

ついでに、妻が息子(世帯主)の被保険者となった場合、「2割」の権利を受けられますか。

専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.

世帯主の夫が70歳到達まで「2割」の権利を得続けることができるのか

 

そのとおりです。

70歳以上の方が二人いて、収入の合算が520万円以下だと、申請すれば1割負担になります。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答いただいた内容は、市役所から得た回答でもあります。世帯主の年齢が70歳になると、年をとると、世帯主の収入がチェックされて既に70歳になっている被保険者の負担割合が増えるというのは不合理である、そういう仕組みが間違っていると考えます。先生は如何ですか。

 

専門家:  sin4864 返答済み 5 年 前.
そうですねぇ。貴方のいうとおりですよ。この国の社会保障制度は、不条理、不合理で、どこに公平や公正があるのかわくわからなくなるときがあります。また、ちょっとした知識で、有利、不利が生じるのも本来はおかしいと思いますね。
sin4864をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問