JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonno-fpに今すぐ質問する
bonno-fp
bonno-fp, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 39
経験:  ファイナンシャルプランナーCFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャル・プラニング技能士(資産設計提案業務)
60089769
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
bonno-fpがオンラインで質問受付中

9 10 60

質問者の質問

昨年9月に定年で退職しました。今年10月から年金受給を考えております。60歳から受給しなかったご褒美の特別年金が有ると聞きましたが、ほんとですか?私の成年月日は昭和25年7月です。時給資格は満たしております。裁定手続きは本年10月になります。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  bonno-fp 返答済み 6 年 前.
質問をご投稿いただきありがとうございます。

回答させていただきますのでよろしくお願いいたします。

ご質問者は、昭和25年7月ご誕生で62歳、昨年9月に61歳で定年退職されて国民年金に25年以上加入されている。 60歳から年金(在職厚生年金?)を受給しなかったとありますので、厚生年金にご加入されていたものと想定します

国民年金にだけご加入者の通常受給は65歳から(繰り上げ受給しない場合)です。

ご質問は、「60歳から受給しなかった、ご褒美の特別年金があると聞いたが本当か?」ですね。

【ご質問への回答】

①60歳以降定年退職までの間、厚生年金に加入されていましたので「老齢厚生年金の額」が上積みされています、あえて云うと、この点がご褒美になります。

ご都合により、「在職老齢年金を」申請されていなかったのですね。

②ご質問者の場合、60歳から65歳に達するまで「特別支給の老齢厚生年金」が支給されます。
《受給要件》は、・60歳以上65歳未満である者、・ 厚生年金保険の被保険者期間が1年以上あること、・ 国民年金の加入期間が、25年以上あること
・この特例 は 「受給資格期間の短縮に関する経過措置」として設けられたため、請求しなければ権利が消滅します。 誕生日がきたら速やかに社会保険事務所に行って年金の請求をする必要があります

【ご質問者の場合】

男性・・・昭和24年4月2日~28年4月1日生まれに該当しますので、60才から特別支給の年金として報酬比例部分が支給され、65歳から満額受給(老齢厚生年金と老齢基礎年金)となります。

私、回答者としては、①在職老齢厚生年金を何故、申請されなかったのか、②昨年定年退職されてから1年間、何故「特別支給の老齢厚生年金を申請されなかったのか、疑問が残りますが、今からでも早急に対処され、損失を最小にされる必要があると思います。

【まとめ】

裁定手続きの申し立てを、日本年金機構の最寄り年金事務所へ直ちに行ってください。

10月に裁定手続きをされれば、8・9月の受給権が消滅します。

この回答がお役にたてることを願っています。

 

保険・年金 についての関連する質問