JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonno-fpに今すぐ質問する
bonno-fp
bonno-fp, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 39
経験:  ファイナンシャルプランナーCFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャル・プラニング技能士(資産設計提案業務)
60089769
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
bonno-fpがオンラインで質問受付中

90 2 65

解決済みの質問:

お尋ねします。有限会社を経営しています。給料は月90万位です。来年の2月で65歳になります。年金を受給した方が得でしょうか。受給しないで働けるときは年金を支払い続けて廃業するときに受給した方がよいでしょうか。受給しながら支払い続けるというのはどうなのでしょうか。ちなみに50歳の妻は自分の会社の事務員として働いていて厚生年金を支払っています。妻の給料は38万です。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  bonno-fp 返答済み 6 年 前.
質問をご投稿いただきありがとうございます。

回答させていただきますのでよろしくお願いいたします。

来年2月に65歳になられるご質問者のご質問は、①65歳から年金を受給する(働きながら?、引退??)、②働き続けて廃業時に受給開始する、③65歳以降在職老齢厚生年金を受給しながら厚生年金に加入する。①②③のいずれが良い選択なのか? ですね。

 

【結論】

ご質問者の場合、ご無理のない範囲でしたら、65歳以降70歳までは現在の給料月額90万円で働かれ、支給額が42%増額できるように老齢厚生年金と国民年金の両方を最長70歳までの繰り下げ申し出をされたらよいかと思います。

現役で現在の給与水準でしたら、在職老齢厚生年金は支払われません。

70歳以降は増額された老齢厚生年金を考慮されて、ご質問者の給料等を再検討されれば如何ですか。

給与水準を調整されて、在職老齢厚生年金の受給をご検討される場合は、下記をご参照ください。

 

【老齢厚生年金の繰下げの申出を行うことができる人】

次の条件を満たした方は、老齢厚生年金の繰下げ支給の申出を行うことができます。

平成19年4月1日以後に、「65歳以降の老齢厚生年金」の受給権を取得したひと。

当該老齢厚生年金の受給権を取得した日から起算して1年を経過した日前に当該老齢厚生年金の請求をしていないこと。 以下省略

【老齢厚生年金を繰下げ請求した場合、どのくらい増額できるのか】

老齢厚生年金の受給権発生年月日の属する月から繰下げの申出をした日の属する月の前月までの月数(最大60月)(以下「繰下げ待機期間」という。)に応じて、0.7%ずつ増額します。

繰下げ加算額=65歳時の老齢厚生年金額×繰下げ待機期間×0.007(増額率)

※省略しますが、国民年金の繰り下げ支給も、ほぼ同じ条件と考えてください。 国民年金と厚生年金の繰り下げを同時に行う必要はありません、別のものです。

【老齢厚生年金支給繰下げ申出の手続き】

すでに特別支給の老齢厚生年金の裁定請求手続きを済ませた人は、繰下げの申出時に「老齢基礎年金・老齢厚生年金 支給繰下げ申出書」を提出し、特別支給の老齢厚生年金の受給権がなく、いままで裁定請求をしてこなかった人は、「国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書」と共に「老齢基礎年金・老齢厚生年金 支給繰下げ申出書」を提出することになります。

 

【在職老齢厚生年金の減額について】

●60歳台後半の場合(65歳以降、老齢基礎年金は全額支給されます)

年金と給与(賞与)の合計月額が47万円以下ならば、年金の減額はありません。 計算は以下のようになります。

(1)基本月額(年間報酬比例部分と基金代行部分÷12)と総報酬月額相当額(その月の標準報酬月額+その月以前1年間の標準賞与の総額÷12)との合計が47万円以下の場合は、支給停止額=0で全額支給されます。

(2)基本月額と総報酬月額相当額との合計が47万円を超える場合は、

支給停止額(年額)=(基本月額+総報酬月額相当額-47万円)÷2×12か月 です。

※支給停止額の計算基準となる「47万円」については、賃金や物価の変動に応じて毎年見直しされます。

※支給停止額が基本月額を上回る場合は、老齢厚生年金(報酬比例部分)は全額停止です。

※報酬(給与の額)によって支給停止になった年金は、繰り下げ支給の増額の対象にならない。

【加給年金の加算がある場合】

基本月額が一部でも支払われる場合は、加給年金は支払われます。

基本月額が全面停止されるときは、加給年金も支給停止されます。

 

【在職老齢年金の支給額(70歳以上)】

70歳以上の方で正社員と同様の働き方をされる方は、65歳代後半の在職老齢年金の計算式が準用されます。但し、70歳以上の方は厚生年金保険の被保険者ではなくなりますので、保険料は負担しません。すなわち、賃金・賞与と老齢厚生年金の額に応じて、老齢厚生年金の全部又は一部が支給停止される場合があります。

 

この回答がお役にたてれば幸いに思います。

bonno-fpをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問