JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonno-fpに今すぐ質問する
bonno-fp
bonno-fp, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 39
経験:  ファイナンシャルプランナーCFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャル・プラニング技能士(資産設計提案業務)
60089769
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
bonno-fpがオンラインで質問受付中

企業年金は、定年後に会社が倒産などした場合は、きちんと支払われるのでしょうか? 又は、金額が減るのでしょうか?

解決済みの質問:

企業年金は、定年後に会社が倒産などした場合は、きちんと支払われるのでしょうか?
又は、金額が減るのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  bonno-fp 返答済み 6 年 前.

質問をご投稿いただきありがとうございます。

回答させていただきますのでよろしくお願いいたします。

ご質問者のお問合せは、会社が倒産した場合も、「企業年金がきちんと支払われるのか?」[減額されないのか?」の2点でよろしいでしょうか。

【企業年金】では、「適格退職年金制度」と「厚生年金基金制度」が主な制度です。

①「適格退職年金」は、各企業で、適格退職年金契約に基づいて運営され、税務計算上特例が認められるものをいいます。この制度の場合、会社が信託銀行や保険会社と適格退職年金に関する資産運用の契約を結び、信託銀行等が企業から預かった積立金を運用し、従業員の退職後に支払われます。

②「厚生年金基金」は、政府の行う厚生年金保険事業の一部を代行するとともに、それを上回る年金給付を行うことを目的として、会社とは別法人である(厚生年金保険法に基づいて設立される)厚生年金基金が信託銀行等と資産運用契約を結びます。

 いずれも、積立金は会社の運転資金等とは別に管理されるため、会社の業績悪化などによって積立金が影響されることはありません。

 ①適格退職年金制度を利用している会社が倒産した場合、信託銀行等と結んでいた税制適格退職年金に関する資産運用の契約は解約ということになり、解約払戻金が支給されます。

 ②厚生年金基金制度を利用している会社が倒産した場合、基金が存続する限り、信託会社等との年金信託契約は有効なので、年金給付金等は支払われます。また、基金が解散した場合、解散した基金の資産は厚生年金基金連合会に引き継がれて給付金は支払われますが、積み立て不足があれば減額されます。

bonno-fpをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問