JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 489
経験:  都留文科大学卒業後企業に就職、経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

兄弟3人で評価3000万円の土地を相続しっましたが、一人が2000万各兄弟に支払い土地を取得しました。 この土地を

解決済みの質問:

兄弟3人で評価3000万円の土地を相続しっましたが、一人が2000万各兄弟に支払い土地を取得しました。
この土地を売却する場合は、売却額から2000万差引して、課税されるとみなして良いものか?
またその支払い証明は、3名の同意書類で通用するのか教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 相続・事業承継
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
dai60962000 :

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

土地の相続について、対価を支払うことによって土地すべてを相続したとすると、取得費は2000万円です。

売価は評価額とは異なりますので一概に言えませんが、仮に同じだとして

譲渡価額-(取得費(2000万円))+譲渡費用(登記や不動産業者費用)-特別控除 となります。

dai60962000をはじめその他名の相続・事業承継カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.

ボタンを押し間違えてしまい、回答が途切れてしまいました。

譲渡益は、譲渡価額-(取得費(2000万円))+譲渡費用(登記や不動産業者費用)-特別控除 となります。

所得税率は「短期」になりますので譲渡益の30%、復興特別税が所得税額の2.1%、住民税が譲渡益の9%です。

「特別控除」にはあなたが住んでいた土地なら3000万円の特別控除が該当します。

これを適用すれば、税額は大幅に軽減されます。

なお、2000万円の分担金で土地を取得したことの証拠は、遺産分割協議書にその旨を記載してあれば問題ないと考えます。

すみません、上記の通りボタンの押し間違えで「情報リクエスト」となっていますが、これが回答となります。

更問いをされる場合は、「返信」機能を使って再質問してください。

質問者: 返答済み 2 年 前.

返信、有難うございます。相続で取得した土地は空き地

で20年前ですが所得税率は譲渡益の30%となるのでしょうか?

この場合は特別控除はあるのでしょうか。よろしくお願いします。

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

「居住用財産」でないうえ、取得から売却が「短期」なので、30%が適用され、特別控除もありません。

なお所有から5年を経過すれば、所得税が20%に軽減されます。

なにしろ自己や家族の居住用財産は、様々な優遇措置はありますが、そうでない場合は、それらが受けられないのです。

その点ご留意ください。

相続・事業承継 についての関連する質問