JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

dai60962000に今すぐ質問する

dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 470
経験:  都留文科大学卒業後企業に就職、経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

よろしくお願いいたします。 昭和59年に夫婦で当時の株式会社で飲食店を始めました。その際私の父が資金借入の保証人に

質問者の質問

よろしくお願いいたします。
昭和59年に夫婦で当時の株式会社で飲食店を始めました。その際私の父が資金借入の保証人になったこと
もあり何株かで専務取締役として登記されていました。その後離婚し10年前に父は他界しました。
31歳になる娘がおりますが他へ就職しています。
今回有名な法人と業務提携することになり、父をはずし社長出資金1000万円持ち分が57%、提携法人出資
金750万円43%に変更したいようです。
素人が作った遺産分割協議書と譲渡契約書が送られてきました。
一旦私へ相続、次に社長へ譲渡と主旨は理解できますがそこに金銭は関与しないものでしょうか。
私から娘へ譲渡し娘を役員にする場合も贈与税等の金銭はどうなるのでしょうか。
株は12株と表記されていました。
単純に57%を57株と計算して12株差し引いて娘の名義にしても45株なので代表のままで
いられないのでしょうか。
社長に不測の事態が生じた場合、娘に相続させる旨の遺言を残しておけばその有名法人から会社は
守られるのでしょうか。
ご助言お待ちしております。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 相続・事業承継
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
いくつかご質問させていただきます。
すみません。「社長」はご質問者のあなたでしょうか。
1000万円を出資されるということでしょうか。
あなたのお父様の出資分12株は1株の額面はお幾らなのでしょうか。
1株価値(時価)は分かりますか。
総株式数は何株案尾でしょうか。
相続人は他に誰がいらっしゃるのでしょうか。
譲渡契約書の金額はお幾らになっているのでしょうか。
この辺りをお教えいただけると、ありがたいです。
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。
社長は別れた夫です。現在の資本金が1000万だと思います。
株の額面は全く知りません。ただ現在の資本金の割合57%と43%の比率から推測すると1000万÷57=1株175000円という計算になりませんか?
総株式数というのもわかりません。
相続人は4人ですが協議書により私だけに相続するむね作成中です。
譲渡契約書には無償とあります。
よろしくお願いいたします。
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
総出資額が1750万円なら、57%は997万5000円になります。ただ総株式数が分からないと、一株当たりの単価は出てこないですね。
その部分を省いて回答させていただきます。
相続人が4人いらっしゃるということは、相続人それぞれに法定相続分が存在します。株式についても権利が発生しますので、4人が署名・捺印(印鑑証明添付)しないと譲渡はできないことになります。
株式価値がある以上、「あなたのみに相続する」というのは困難が伴いますので、各相続人に金銭的補償が必要になると思われます。
無償の譲渡契約書については、いずれ娘(推定相続人)さんが相続することに了解をされるならよいでしょう。ただし株式が相続されるかは、売却されたり資産価値が無くなったりして不確定です。
ですので遺言書ではなく、娘さんとの間で「死因贈与契約」を結んでおくことを勧めします。
これであれば、一方的に約束を放棄されることはありません。
無償譲渡の引き換えにこの方法を採ってみてはいかがでしょうか。
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 470
経験: 都留文科大学卒業後企業に就職、経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
dai60962000をはじめその他名の相続・事業承継カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

dai60962000先生へ



会社定款と謄本を入手しました。謄本は資本金1000万円が1375万円、発行済株式の総数は100株が175株になっています。


30年前の定款には額面株式100株その発行価額は株につき5万円とする。発起人8名で元夫が60株父と母と私を合わせると30株、他に親類縁者に8株で2株が不明です。


元夫へ他7名の持株を全て無償譲渡との契約書が送られてきたわけが解りました。


この定款を代表(元夫)100株、大手会社75株に書き直さなければ違法なのでしょうか?


譲渡が完了する前に謄本を直していますが合法でしょうか?


大手会社の取締役が1名登記されていますが私が譲渡しなければ代表は大手会社になるのでしょうか?


このように社外から取締役を入れないと倒産の可能性があったと推察されます。


経営者としては力量不足ですので代表は降りた方がいいと考えます。


将来安定することを期待して娘のために譲渡したくないのですが可能でしょうか?


大手会社とは利益を配分する等の契約書を交わすものでしょうか?


欲ですが毎月配当を娘に回すことはできるでしょうか?


ご教授よろしくお願いいたします。

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

増資を受け入れた。そして現状では元夫の持ち株比率が増資先を下回るということで、あなたたちの株式を欲しがるようですね。

定款変更は、株主総会を行わなければ変更できません。増資による株式数変更は株主総会を経て行われたもの解釈され、登記されたものと思います。あなたたちに株主総会開催の案内が伝えられなかった以上、やり直しを求めることも可能ではありますが。

とにかくあなたたちと元夫の株式を合わせれば、経営権は取得できるでしょう。

株式を譲渡せず保有して、元夫の経営に関与することも可能ですし、利益配当を受けることもできます。

配当は、株主が当然受け取る権利があるもので、株主総会で配当の是非、金額を決定します。株式を保有してこそ影響力を発揮できるので、母親の分はともかく、譲渡には応じない方がよいのではないか、と思います。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
< 前へ | 次へ >
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • shihoushoshi

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    8
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    8
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/BO/bonnofp/2011-5-22_1335_IMGP0066.64x64.JPG bonno-fp さんのアバター

    bonno-fp

    1級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    4
    ファイナンシャルプランナーCFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャル・プラニング技能士(資産設計提案業務)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/IC/ichinomiyacpta/2012-3-14_23516_240315jibun.64x64.JPG ichinomiya-cpta さんのアバター

    ichinomiya-cpta

    税理士

    満足した利用者:

    2
    昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/07/07kazun/2011-10-1_43321_005.64x64.JPG 07kazun さんのアバター

    07kazun

    公認会計士

    満足した利用者:

    2
    大手監査法人退職後、独立開業中。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    2級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    21
    都留文科大学卒業後企業に就職、経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
  • /img/opt/shirt.png fplawyer さんのアバター

    fplawyer

    1級FP技能士・CFP・弁護士

    満足した利用者:

    12
    弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    1級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    12
    独立系FP事務所
 
 
 

相続・事業承継 についての関連する質問